全2496文字
PR

 地上からはるか400キロメートル上空の宇宙空間に浮かぶ国際宇宙ステーション(ISS)。2021年10月、船内で黙々と動くアーム型ロボットの姿があった。組み立てているのは太陽光発電パネルだ。部品を取り付け、ボルトやねじを回してはめ込み、次々にパネルを組み立てていく。

 人間が操作しているのではない。動きは全て自律制御。アームの先に取り付けたカメラで撮影した映像を基に対象を認識し、モーションプランニングと呼ぶ自律制御技術で、自動的に作業をこなす。

GITAIが開発した宇宙ロボット
GITAIが開発した宇宙ロボット
(出所:GITAI Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

日本発ベンチャーが活躍、自律制御ロボが船内作業

 日本の宇宙ロボット開発スタートアップGITAI Japanが米航空宇宙局(NASA)などの協力を得て実施した、実証実験の様子だ。同社は2021年10月28日、ISSで宇宙用自律ロボット「S1」による汎用作業遂行技術実証について、予定していた全ての作業が成功したと発表した。GITAIがS1を全て開発し、米国の宇宙企業Nanoracksがロボットを載せたロケットの打ち上げや軌道上での運用管理などを、NASAがロボットの輸送とISS内での宇宙飛行士による設置をそれぞれ担当した。

 ケーブル・スイッチ操作の抜き差しをするタスクも実施。今までは人間にしかできなかった、手の感覚を使った微妙な作業も成功し、想定したタスクを全て完遂させた。「今までの宇宙ロボットはスイッチを押すだけだったが、今回のタスク完了で自律性汎用ロボットの限界を一気に更新することができた」。中ノ瀬翔最高経営責任者(CEO)は、意義を強調する。

 GITAIのロボットは部品をつかむ、取り付ける、ねじやスイッチを回す、カバーを開けるなど、複雑で難しい様々なタスクをこなせる自律性と汎用性を重視して作られている点が特徴的だ。従来は特定のタスクに特化した遠隔操作のロボットが主流だった。

 宇宙での活動を想定して、100回以上の実験を繰り返したという。ロボットは非常に繊細なので、取り付け位置がずれてしまうとうまくいかない、室内の中でも光の当たり方が変われば画像処理の結果が変わってしまうなど想定外の事態にも対処しなければならない。そのためには2つの困難を乗り越える必要があったという。