全1776文字
PR

 Google Workspaceの「スペース」には、数多くの便利な機能がある。例えば、以前流れてきた情報が見つからないときは強力な検索機能を使えばいいし、素早く操作したいならショートカットキーを活用すればいい。もし知らないスペースに追加されてしまったときは、ブロック機能も用意されている。

 これらの機能の使い方を知っていれば、より快適に作業を進められるだろう。今回はスペースから利用できる検索やブロックといった便利な機能の使い方について解説する。

強力な検索機能で必要なものを見つける

 業務で時間を奪われがちなのが「データの検索」だ。「過去にやり取りした内容を見つけられない」「共有していたはずのファイルがどこにあるか分からない」といったシーンは少なくないだろう。忘れかけた記憶を頼りに探すのは、限りある時間の無駄遣いだ。

 Google Workspaceは、探しているものを強力な検索機能により高い精度で見つけられる。スペースでのやり取りだけでなく、GmailやGoogleドライブに保存したファイルなどをまとめて検索できるので、作業に関するものはGoogleにまとめて保管しておくのがおすすめだ。

PCの場合は、画面上部の検索ボックスに検索ワードを入力し、そのままEnterキーを押すか、一番下の「〜に一致するすべての検索結果」をクリックする
PCの場合は、画面上部の検索ボックスに検索ワードを入力し、そのままEnterキーを押すか、一番下の「〜に一致するすべての検索結果」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
Gmailの検索結果が表示されるので、「チャットとスペース」をクリックする。チャットとスペースの中から検索が実行され、スペース内で合致した会話やファイルが表示される
Gmailの検索結果が表示されるので、「チャットとスペース」をクリックする。チャットとスペースの中から検索が実行され、スペース内で合致した会話やファイルが表示される
[画像のクリックで拡大表示]
モバイル端末の場合、「Gmail」アプリの「スペース」タブを開いて画面上部の検索ボックスをタップする。検索画面になるので、検索ワードを入力してキーボードの「検索」をタップする。検索ボックスの下で「スペース」を選択すると、スペース内で合致した会話やファイルが表示される。ここに示した画面はiPhoneのアプリ
モバイル端末の場合、「Gmail」アプリの「スペース」タブを開いて画面上部の検索ボックスをタップする。検索画面になるので、検索ワードを入力してキーボードの「検索」をタップする。検索ボックスの下で「スペース」を選択すると、スペース内で合致した会話やファイルが表示される。ここに示した画面はiPhoneのアプリ
[画像のクリックで拡大表示]