全797文字
PR

 ネットショッピングのワザ、1つめは基本中の基本、「商品を1円でも安く買う方法」だ。ここでポイントになるのは、最安値店を調べることと、商品の価格動向を確認すること(図1)。特に価格動向は、一般的に発売直後が一番高く、その後徐々に下がる。だが新モデルへの切り替えなどで、取扱店が減ってくると、逆に値上がりすることもある。そのため、調べた時点では最安値でも、過去の価格に比べると割高だった……ということにもなりかねない。こうした判断ミスをしないために、最安値店だけでなく、商品の底値を見極めることも重要だ。

最安値と価格動向が見極めポイント
最安値と価格動向が見極めポイント
図1 買い物の基本は、まず最安値店を探し、これまでの価格動向を調べて買い時かを見極めること。そのためには、価格比較サイトと価格の推移がわかるグラフの活用が重要になる
[画像のクリックで拡大表示]

 では、底値チェックに使うツールを見ていこう。まずはネット通販初心者だけでなく、上級者も愛用する「価格.com」。商品の最安値店と最近の価格動向、この2つをまとめて調べられるのが利点だ(図2図3)。トップページから買いたい商品のページに進み、現在の最安値と過去の価格動向を確認しよう。マウスポインターを価格推移グラフに重ねて金額を確認したり、表示期間を増やして発売から現在までの動向を確認したりして、買って良いタイミングなのか判断しよう。

まずは「価格.com」で最安値を確認
まずは「価格.com」で最安値を確認
図2 定番のテクニックは、言わずと知れた「価格.com」を使う方法。トップページから製品名で検索するか、ジャンルからたどり目当ての製品を探して現在の最安値を確認する
[画像のクリックで拡大表示]
過去の価格推移も必ず見るべし
過去の価格推移も必ず見るべし
図3 価格.comで必ず確認したいのが価格変動状況。最安値表示の横にある「価格推移グラフ」をクリックすると(図2下参照)、直近3カ月の価格の推移がグラフで表示される(上)。表示する期間は1年や2年などにも変更できる(下)
[画像のクリックで拡大表示]