全3103文字
PR

 住友生命保険は現在、DX(デジタルトランスフォーメーション)人材の育成を推進している。その活動の中心で、DXを起こすこととその方法について現場で試行錯誤してきた筆者が、DXの勘所を10回にわたり分かりやすく説明する。

 DX企画・推進担当者に必要な知識は「データ、デジタル、ビジネスの仕掛け」であることを繰り返し説明してきた。前回は企業が自社のDXを行うには、ビジネスバリューを洗い出すことが必要だと指摘した。今回は、従来型の仕事の典型であるレガシーシステムを担当している人材を、DX企画・推進人材にどのようにシフトすればよいかを説明する。

前回記事 迷わないDXは「ビジネスバリュー」把握から、本100冊読んで必勝モデルを整理する

非先端人材の資質、能力、知識を計数化

 住友生命保険では現在、DX型健康増進保険である「Vitality」の顧客価値向上のための案件を主とした多くのデジタル案件を推進している。同時にビジネス側とシステム側のDX企画・推進人材の育成に力を入れている。

 筆者はVitalityの開発に携わり、2018年のローンチ後は保険DXプロジェクトも担当、現在はデジタルオフィサー(デジタル全般の推進責任者)として業務のデジタル化やデジタル新ビジネスの推進、DX人材の育成などを行っている。

 Vitalityの開発をきっかけに、住友生命では非先端人材をDX人材へシフトする方針としている。今後、基幹システム群をDX型システムに再構築することを予定しているためであるが、どのようにシフトするのかが課題であった。

 Vitalityの開発では「新しいことを考えるのが好き」「ビジネス事例をよく知っている」「積極的に社外の人と話す」「分からないことをすぐ調べる」、このような資質や行動特性を持つ人が活躍していた(現在もそうだ)ので、この資質、能力、知識を計数化して分析すればDX候補人材の見極めに有効との仮説を立てた。

DX候補人材の性格・能力要素をデータ化

 そこで、個人の資質や行動特性、知識を使ってDX候補人材を選ぶ方法を使うことにした。DXの企画、推進に必要な能力要素を考え、「知識を測るアセスメントツール」と「資質と行動特性を測るアセスメントツール」を使って計数化し、DX企画・推進人材選定の参考として使うことを考えた。

データ化し、候補人材選定に使う要素
測る要素アセスメント選択の方向性
資質、行動特性人材アセスメントツール(イノベーティブ資質や責任感の高さ、実行力の高さ、コミュニケーション性の高さなどを測れるもの)
知識知識アセスメントツール(データ分析、デジタル技術、ビジネス用語、企業DX、デジタルビジネス事例の知識など)
住友生命が利用したアセスメントツール
アセスメントツール説明
イノベーティブ人財診断(ネクストエデュケーションシンク)イノベーティブ資質を測る。イノベーティブ資質が高いほど点数が高くなる
人間力診断(ネクストエデュケーションシンク)業務遂行に関する行動特性を測る。業務の経験値、業務達成行動特性が高いほど点数が高くなる
DX検定(日本イノベーション融合学会)DXに関係する最新のデータ、デジタル技術とビジネスの知識量を測る。知っている用語や理解度が多いほど点数が高くなる

アセスメントと聞き取りで分かった傾向

 診断した結果は、精度を評価するため、被診断者の資質、行動特性、知識の量をよく知る上司、上長、同僚などに聞き取り確認した。結果、「イノベーティブ人財診断」については、点数の高さは好奇心や新しいものを好む資質の高さとリンクする傾向にあった。

 また、「人間力診断」も、点数の高さは業務達成行動特性とほぼリンクする傾向にあり、「DX検定」についても、点数の高さはDXに関する知識量とリンクする傾向にあった。

 ただしDX検定の難度は高く、専門性も高いので、よく勉強している人は高い点数が出るが、日常的に雑誌やWeb記事を読んでいる程度では高い点数は出ないことが分かった。逆にいえば、DX検定の点数が高い人は、実務でかなり日常的にDXに携わっているか、本格的に研究したり勉強したりしていると判断した。

 以下、AさんからEさんまで、5人のイノベーティブ診断結果とその後の活躍を紹介したい。いずれも高い得点を獲得した人たちである。

 実施結果(1)は、「イノベーティブ資質の高さ」を縦軸、「達成行動特性の高さ」を横軸にプロットした散布図で、注目すべきは、BさんとCさんである。Cさんは筆者と同等、Bさんは筆者より高いイノベーティブ資質を持つ結果になっている。

実施結果(1)「イノベーティブ資質の高さと達成行動特性の高さ」。注目すべきはBさんとCさん。筆者と同じか、より高いイノベーティブ資質がある
実施結果(1)「イノベーティブ資質の高さと達成行動特性の高さ」。注目すべきはBさんとCさん。筆者と同じか、より高いイノベーティブ資質がある
[画像のクリックで拡大表示]