全5700文字
PR

Windows 10ではLinux実行環境の「WSL」(Windows Subsystem for Linux)が標準搭載され、「本物のLinux」がすぐに使えるようになりました。最新版の「WSL2」について、導入方法や基本的な使い方などを解説します。

 Windows 10が動くPCが1台あれば、Windowsを普段通り使いながら“本物のLinux”も同時に動かせる――。そんな素晴らしい環境をいとも簡単に構築できるのが「WSL」(Windows Subsystem for Linux)です。今回は、WSLの基本的な仕組みを押さえた上で、最新のWSL2を導入する方法を紹介します。

 読者のみなさんは、日頃どんなPC環境でLinuxを使っているでしょうか。Linux専用のPCを持っている人も多いと思いますが、PCが1台しかなく、マルチブートやUSBブートでWindowsと切り替えて使っているという人も相当数いるのではないかと思います。後者の場合、「いちいち立ち上げるのが面倒で、結局Windows中心になってしまう」――。そうした悩みを抱えている人もいることでしょう。

 そんな人にぜひ使ってもらいたいのが、Windows 10が標準で備える「WSL」(Windows Subsystem for Linux)です。Windowsの中で“本物のLinux”を動かせるようにする仕組みで、Windowsを普段通り使いながら、いつでもLinuxを併用できるようになります(図1)。

図1 Windowsの中でLinuxのコマンドラインが動いている
図1 Windowsの中でLinuxのコマンドラインが動いている
[画像のクリックで拡大表示]

 手軽に導入できて、使いたくなくなったら消すのも簡単。特定時点のLinux環境をバックアップしたり戻したりするのも容易なので、Linuxを日頃から使いこなしている中上級者だけでなく、「いじりすぎて元に戻せなくなったらどうしよう」などと心配しがちなLinux初心者ユーザーにもWSLはおススメです。

 本特集では、そんなWSLの最新版である「WSL2」を日常的に使うための手順やテクニックを分かりやすく解説します。次期Windowsである「Windows 11」を含むWSLの最新情報などについても併せて紹介します。

Windowsの中でLinuxを動かす

 まずはWSLの正体を知るところから始めましょう。「Windowsの中でLinuxが動く」と聞いて、得体の知れないものが見えないところで動くように感じて不安を覚える人もいるかもしれません。仕組みを知ればそうした不安は吹き飛びます。

 WSLは、Windowsの中でLinux環境を動かす仕組みであり、LinuxのコマンドやアプリケーションがWindows上で動作します。WSL登場以前にも、Windowsの中でLinux環境を動かす方法はいくつかありました。代表的なのは、VMwareやVirtualBoxなどの仮想化ソフトで仮想マシン(Virtual Machine、VM)を動かす方法です。この方法はPCを丸ごとエミュレートするため、大がかりでオーバーヘッドが大きいという課題があります。

 Cygwinのように、Linuxのコマンドなどの環境をWindowsに移植したものもあります。こちらはオーバーヘッドは小さいものの、本物のLinuxではありません。

 これらに対してWSLは、PCを丸ごとエミュレートするわけではないのでオーバーヘッドが比較的小さく、本物のLinuxでありながらWindowsの一部としてシームレスに使えるという点が特徴です。登場した頃には「Bash on Windows」や「Bash on Ubuntu on Windows」という呼び名もあったほどで、Linuxのシェルを起動する感覚でWindowsからLinux環境を利用できます。

 WSLで実行するプログラムのバイナリーは、各Linuxディストリビューションで配布されているものをそのまま使います。いわば、Windowsの中にLinuxディストリビューションを丸ごとインストールするようなものです(表1)。

表1 主なWSL用Linuxディストリビューション
2021年7月下旬時点でMicrosoft Storeから入手できるものを示した。
表1 主なWSL用Linuxディストリビューション
[画像のクリックで拡大表示]