全4096文字

ゲーミングPCでは高速リフレッシュレート対応の製品も

 リフレッシュレートは、画面の書き換え頻度を示す値だ。描画フレームレートが高いゲームや動画では、リフレッシュレートが高いほうが滑らかに表示される。特にゲームにおいては、最新の状態がいち早く表示されると、格闘ゲームやFPS(ファーストパーソンシューティング)などでは有利にプレーできる。

 一般的な液晶ディスプレイのリフレッシュレートは60Hz(ヘルツ、1秒間に更新される回数)だが、ゲーミングノートPCやゲーミング向けの単体のモニターでは144Hzが標準となりつつある。165Hz、240Hz、300Hzといったものまである。

 高リフレッシュレートを生かすためには、同等のフレームレートを描画できるGPUの処理性能も必要だ。フレームレートがリフレッシュレートに追いつかないと、1フレーム前の画面を表示するため、一瞬画面が止まったように感じる「カクつき」の原因になる。

 これに関連して、リフレッシュレートを描画性能に合わせる技術もある。米NVIDIA(エヌビディア)の「G-Sync」、米AMDの「Free Sync」、Free SyncをVESAで標準化した「Adaptive Sync」といった規格がある。GPUとディスプレイ両方がこれらに対応していれば、ディスプレイ側でフレームレートとリフレッシュレートのアンバランスさを調整できるので、リフレッシュレートが速すぎるときのカクつきやフレームレートが速すぎるときに起きやすい描画の乱れが発生しにくくなる。

HDRに適したディスプレイであることを示す「DisplayHDR」

 HDR(High Dynamic Range)もキーワードの1つ。従来のSDR(Standard Dynamic Range)に比べて明暗の差を表現する範囲(階調)を広くする技術だ。HDRの映像を効果的に表示するためにはディスプレイの性能も必要になる。

 そこで、PC用ディスプレイの規格を定めているVESAは、HDRコンテンツを楽しむことを想定したPC用液晶ディスプレイの基準を「DisplayHDR」として定めている。同様に有機ELディスプレイの基準として「DisplayHDR True Black」も追加している。

 これらはHDRコンテンツの事実上標準規格であるHDR10への対応を必須条件として、段階的に輝度や色域などの要件を定めてグレードを策定している。DisplayHDRへの対応が明記されてあれば、HDRコンテンツをよい画質で楽しめ、上位のグレードほどよい体験ができることを示す。

DisplayHDRの要件概要。DisplayHDR.orgのWebサイトで確認できる
DisplayHDRの要件概要。DisplayHDR.orgのWebサイトで確認できる
(出所:DisplayHDR.org)
[画像のクリックで拡大表示]

高解像度表示には高速なディスプレイインターフェースが必要

 4K以上の高解像度を表示するには、高速なディスプレイインターフェースが必要だ。リフレッシュレートにも影響がある。例えば、4K解像度での60Hz表示には、DisplayPortなら1.2以降、HDMIならば2.0以降への対応が必要。またHDRの表示には、HDMI 2.0a、DisplayPort 1.4以降が必要だ。PCとディスプレイの端子、ケーブルすべてが対応している必要がある。

 最近はディスプレイ出力端子としてType-Cを採用する製品も増えた。これは中身はDisplayPortの信号が流れており、対応する解像度などはDisplayPortのバージョンによって変わる。Type-C端子がThunderbolt 4に対応しているならば、DisplayPort 1.4に対応している。なお、Thunderboltに関しては、これとは別にThunderboltネーティブプロトコルでの接続も可能だ。

 ディスプレイインターフェースの規格ごとに、対応する解像度とそのリフレッシュレートは決まっている。しかし、ディスプレイ出力の規格まで明記している製品は少なく、自分で使いたい解像度やリフレッシュレートに対応しているかどうかを端子ごとに確認する必要がある。

主なディスプレイインターフェース規格
規格主な解像度とそのリフレッシュレート
HDMI 1.4/a1920×1080/60Hz
3840×2160/30Hz
4096×2160/24Hz
HDMI 2.0/a/b4096×2160/60Hz
HDMI 2.17680×4320/60Hz
DisplayPort 1.2/a3840×2160/60Hz
DisplayPort 1.4/a7680×4320/60Hz
DisplayPort 2.015360×8460/60Hz
Thunderbolt 4(ネーティブ)3840×2160/60Hz×2
7680×4320/60Hz