全6015文字

 遠隔監視は行うが運転席は無人の無人運転MaaS(Mobility as a Service)。その社会実装が現実味を帯びてきた。日本では、そうした無人運転MaaSを見据えた移動サービスや実証実験が、様々な場所で展開されている。走行環境にもよるが、表向きはレベル2とされるものの中には、レベル4相当のものも出始めている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い