全948文字
PR

遅さの原因を突き止め、弱点を徹底強化

 「ネットの速度が遅い」「ウェブ会議中に通信が途切れる」──。最近、あなたはそんなトラブルに悩まされていないだろうか。

 インターネットが遅いと感じることが増えた根本的な原因は、回線やWi-Fiの通信負荷が増大していることだ。YouTubeなど通信量の多い動画サービスが増え、ウェブ会議で同僚と打ち合わせをする機会も増えた。家族全員がパソコンやスマホからWi-Fiルーターに同時アクセスすることも珍しくない。

 何年も前に構築した古い通信環境では、もはやこうした状況に対応できなくなった。今の時代に合った新しい通信環境を整える必要がある。

遅さの原因は主に3つ、まずは“犯人”の特定から

 インターネットの通信速度が遅いのは、主に3つの原因が考えられる。

 1つはインターネット回線が遅いこと。メガビットクラスの古い光回線のユーザーは、契約を見直したほうがよい。昨今は、最大通信速度1Gbpsの高速光回線が標準になり、さらに10Gbps、20Gbpsといった驚異の速度をウリにするサービスが続々と登場している。今やギガクラスの光回線が当たり前の時代だ(図1)。

回線が遅いと新しいルーターを買ってもムダ
回線が遅いと新しいルーターを買ってもムダ
図1 いくら新しいWi-Fiルーターを購入しても、自宅のインターネット回線が遅いとまったく意味がない。まずは、自宅の回線の契約プランを確認してみよう。今の時代は、最大通信速度1Gbpsの光回線が主流だ。写真はドコモ光の1Gbpsサービスで使用中のONU(光回線終端装置)
[画像のクリックで拡大表示]

 遅さの原因の2つ目は、Wi-Fiルーターの規格が古いこと。6、7年前まで主流だったWi-Fi 4の最大通信速度は600Mbps。一方、最新規格の「Wi-Fi 6」の最大通信速度は9.6Gbpsで、Wi-Fi 4の約16倍だ(図2)。現在、Wi-Fi 6対応のルーターは1万円を切る価格で購入できる。4以前の古いルーターのユーザーは買い替えを検討したい。

ルーターは最新規格「Wi-Fi 6」対応がお薦め
ルーターは最新規格「Wi-Fi 6」対応がお薦め
図2 ギガクラスの光回線を導入したら、Wi-Fiルーターは最低でも「Wi-Fi 5」対応、できれば最新の「Wi-Fi 6」対応の機種を用意したい。Wi-Fiルーターと子機の距離が遠い場合には、右のような中継機を活用すると通信環境が格段に向上する
[画像のクリックで拡大表示]