全1466文字
PR

Wi-Fiルーターがいつの間にか時代遅れに?

 今回は、Wi-Fiルーターについて見ていこう。Wi-Fiの最新規格は「IEEE 802.11ax」、通称「Wi-Fi 6」だ。Wi-Fi 6の「6」は6世代目を意味する。Wi-Fi 6で初めて「Wi-Fi ○」という呼び方が採用され、過去の規格に遡って、「IEEE 802.11ac」に「Wi-Fi 5」、「IEEE 802.11n」に「Wi-Fi 4」という呼称が付けられた。

 Wi-Fi 4と5以降では通信速度に格段の差がある。理論上の最大通信速度を見ると、Wi-Fi 6が9.6Gbps、Wi-Fi 5が6.9Gbpsであるのに対し、Wi-Fi 4はわずかに600Mbpsだ。Wi-Fi 4ルーターを使っている場合、これを買い替えるべきかどうかは大きな検討課題になる(図1)。

Wi-Fi 6または5ならOK、Wi-Fi 4は厳しい
Wi-Fi 6または5ならOK、Wi-Fi 4は厳しい
図1 Wi-Fiは規格によって最大通信速度が異なる。最新のWi-Fi 6は、理論上は最大9.6Gbpsで通信できる。1世代前のWi-Fi 5は6.9Gbps。これに対してWi-Fi 4は600Mbpsと遅い。今すぐWi-Fi 6にする必要がなくても、せめてWi-Fi 5にはしておきたい
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、Wi-Fi 4より前のルーターはもうお払い箱にしてよい。光回線で使うには通信速度が遅すぎるからだ(図2)。

11a/b/gはもはや論外!
11a/b/gはもはや論外!
図2 Wi-Fi 4より前の規格には「Wi-Fi ○」という呼称はない。理論上の最大通信速度はわずか54Mbpsで、現在の基準にはそぐわない
[画像のクリックで拡大表示]