全4013文字

OSの充電最適化機能に任せたほうが得策

 というわけで、iPhoneの充電管理はOSのバッテリーマネジメント機能に任せるのが最良の方法だと考えるようにしている。

「設定」アプリの「バッテリー状態の最適化」をオンにしておくことで、日ごろの使用パターンを学習して充電の上限を80%に設定して劣化を最小限にしてくれる
「設定」アプリの「バッテリー状態の最適化」をオンにしておくことで、日ごろの使用パターンを学習して充電の上限を80%に設定して劣化を最小限にしてくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 11以降、米Apple(アップル)は、インテリジェントなバッテリーマネジメント機能を搭載した。ユーザーの利用状況をiOSが判断して、充電の上限を80%に抑制してくれる。リチウムイオンバッテリーは満充電状態で使用するより、上限を80%としてそこから充放電を繰り返すほうが劣化が進みにくいというのが理由だ。そのため、在宅中は常に充電ケーブルに接続して、バッテリーの充放電管理はiOSにお任せするのが得策と考えている。

 ただ筆者の場合、仕事は在宅が基本で、iPhoneを充電ケーブルに接続している時間が比較的長く本来なら常に100%になっているはずだ。だが、この機能は保護を目的として80%に自動放電されるようだ。ただし、筆者にはいまだその経験はない。ちょくちょく出かけたり、家事や散歩で持ち歩いたりする機会が多いからだろうか。

 OS側がどのようなアルゴリズムでマネジメントしているのかは不明だが、上限80%に管理された状態で、突発的に長時間外出しなければならない事態になったら焦るだろうなあ、OSはそこまで予測してくれないよなあ、と想像しながらこの機能に思いをめぐらしている。

 バッテリーマネジメント機能は、バージョン10.15.5以降のmacOSにも搭載されている。筆者のMacBook Proの場合、電源に接続しっぱなしにしているにもかかわらず、いつの間にかバッテリーの充電率が80%になっていることがある。接続しっぱなしだったので、どのタイミングで100%から80%に放電したのかわからないのだが、よくできたOSだと感心する。

MacBook Proの「システム環境設定」の「バッテリー」には「バッテリー充電の最適化」という項目がある。左側に「最後の80%充電」として日時が記載されている。自動的に80%に制限してくれたのだろう
MacBook Proの「システム環境設定」の「バッテリー」には「バッテリー充電の最適化」という項目がある。左側に「最後の80%充電」として日時が記載されている。自動的に80%に制限してくれたのだろう
[画像のクリックで拡大表示]