全1640文字
PR

 ルーティングプロトコルは、ルーター同士が情報を交換するために使うプロトコルである。ルーターはルーティングプロトコルを使って経路情報をやりとりし、動的にルーティングテーブルを作成・更新する。そしてルーティングテーブルを参照して、宛先となるネットワークまでの最適な経路を選択する。

 ルーティングプロトコルはIGP(Interior Gateway Protocol)とEGP(Exterior Gateway Protocol)に大別できる。1つのAS(Autonomous System)内で利用するルーティングプロトコルがIGP、AS間を相互接続するのに利用するプロトコルがEGPである。ASとは、統一したポリシーで管理・運用されるネットワークのこと。

 代表的なIGPとEGPはそれぞれOSPF(Open Shortest Path First)とBGP(Border Gateway Protocol)だ。このためネットワークスペシャリスト(ネスペ)試験ではこれらを取り上げることがほとんどである。

回線の帯域や信頼性を考慮

 OSPFの特徴は、回線の帯域や信頼性を考慮すること。メトリックを計算する際に、接続しているネットワークの種類や帯域を考慮したコストを用いる。

 OSPFでいうコストは、ネットワーク管理者が各ルーターのインターフェースに設定する値で、帯域や信頼性などを基に決められる。経路上のコストを足し合わせた値がメトリックとして使われる。そしてメトリックの小さい経路を選択する。

 例えば、宛先ネットワークに到達する経路が複数あるとする。送信元ネットワークのルーターAから宛先ネットワークのルーターEまで、(1)ルーターA→ルーターB→ルーターD→ルーターEおよび(2)ルーターA→ルーターC→ルーターEの2種類である。

 100Mビット/秒の回線で接続しているインターフェースのコストを「10」、1Gビット/秒の回線で接続しているインターフェースのコストを「1」に設定したとしよう。

帯域を考慮してルーティングする「OSPF」
帯域を考慮してルーティングする「OSPF」
[画像のクリックで拡大表示]

 この場合、経路(2)のほうがホップ数(経由するルーター数)は小さいものの、経路(1)のほうがコストの合計値であるメトリックは小さい。このためOSPFでは経路(1)を最適な経路として選択する。