全404文字
PR

 編集長が2022年の10大キーワードを動画で徹底解説。IT、電機、自動車、建築、土木といった主要分野のトレンドを座談会形式で語る。キーワード(5)は「デジタル庁の真価」、(6)は「データとの対峙」を取り上げる。

 2022年の10大キーワード(5)は「デジタル庁の真価」、(6)は「データとの対峙」を取り上げる。いずれもDX(デジタルトランスフォーメーション)に関わる重要キーワードだ。

 デジタル庁は、2022年が真価を問われる年になりそうだ。各省庁におけるデジタル化を阻む制約を突破できるのか、注目が集まる。建設分野でもデータ化が進みそうだ。日経クロステックで建設分野を担当する浅野祐一編集長は、都市のデジタルツインやインフラのデータ化などで、新しい取り組みが活発化すると予想する。

 詳細は以下の動画で解説する。

制作:日経クロステック(音声あり)
(背景写真:国土交通省)
(背景写真:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

※日経クロステックは2022年1月上旬まで、編集長が語る10大キーワードを順次公開する予定です