全1307文字
PR

 テレワークの常態化によって空き時間を確保しやすくなるなか、2022年は副業をする人が一段と増える。副業先でスキルを高め、キャリアアップのために本業の勤務先を離れるケースも珍しくなくなる。企業は副業人材の受け入れ枠を増やし、個人は1つの企業に頼らない働き方を選べるようになる。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!