全2610文字

 パナソニックの子会社でIoT家電ベンチャーのShiftall(シフトール)は2022年1月4日、テクノロジー見本市「CES 2022」に合わせて、新型のVR(Virtual Reality)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「MeganeX(メガーヌエックス)」を発表した。

 MeganeXは22年春の発売を予定しており、BtoCとBtoBの両面で展開し、販売予定価格は10万円未満を見込む。Shiftall代表取締役CEOの岩佐琢磨氏は「メタバースにおけるVRコミュニケーションなどのVRコンテンツをフルに体験できることを重視した」と語る。今回、試作機を国内で一足早く記者が体験した。

Shiftallが発表した「MeganeX」の外観
Shiftallが発表した「MeganeX」の外観
前面部の左右に、装着者のインサイドアウトトラッキングに用いるカメラを2つ搭載する。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
MeganeXを装着した様子
MeganeXを装着した様子
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 MeganeXは、パナソニックが20年にCES 2020で発表し、21年に後継機種を公開した「VRグラス」の量産モデルである。Shiftallとパナソニックが協業開発し、Shiftallが販売する。20年に体験した際は映像コンテンツを視聴するのみだったが、MeganeXではVRアプリケーションプラットフォーム「SteamVR」に対応する。

 加えて、MeganeXは本体前方の左右に付いたカメラで周囲の環境を認識して、装着者の頭部の傾きや前後上下左右の動きを検出する、6DoF(自由度)の「インサイドアウトトラッキング」に対応する。これにより、既存のVRアプリの多くを利用できるようになった。

非常に軽く、装着しやすく、視度調整も可能

 実際に体験すると、まず装着感の良さを改めて感じる。本体の重さが約250gと軽く、米Oculus(正確には元Facebookである現Meta Platforms)の「Oculus Quest 2」の半分以下である。

 加えて、画面が網目状に見える「スクリーンドア効果」はほとんど見られなかった。一方で、視野角はOculus Quest 2ほど広くないと感じられ、ディスプレー外の黒縁部分が目立つ印象だった。

 ディスプレーには、米Kopinと共同開発した1.3型のマイクロ有機EL(OLED)パネルを使用し、精細度は片目2.6K(2560×2560画素)で両目5.2K相当になる。1.3型での視野角は約100度とされており、リフレッシュレートは120Hzで、10bit HDR映像にも対応する。岩佐氏は「21年に発表したVRグラスとディスプレーパネルのスペックは同じだが、この1年でさらに改良を重ねている」と話す。

 このほか、IPD(瞳孔間距離)調整機能や、視力が悪くても矯正可能な視度調整機能を備え、どちらもメカニカル機構で調整できる。記者は裸眼の視力が0.01以下と非常に悪いが、視度調整を最大にすると、VRアプリ内の文字がぼけて見えるもののおおよそ読めるぐらいまで矯正できた。

MeganeXの接眼部側から見た様子
MeganeXの接眼部側から見た様子
レンズ天面のきょう体外側にはIPD調整用のメカニカル機構がある。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
視度調整のメカニカル機構はレンズ底部にあり、左右独立していてスライド式で調整できる
視度調整のメカニカル機構はレンズ底部にあり、左右独立していてスライド式で調整できる
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレー部分を接写した様子
ディスプレー部分を接写した様子
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 スピーカーはメガネの左右のつる部分にそれぞれ搭載する。21年発表のVRグラスではパナソニックの高級音響ブランド「Technics(テクニクス)」を採用していたが、「MeganeXにテクニクスブランドを入れるかは未定である。発売時にどうなるか分からないが、少なくとも今回のプロトタイプには入れていない」(岩佐氏)という。

 MeganeXには米Qualcommのアプリケーションプロセッサー「Snapdragon XR1」を搭載する。ただし、Oculus Quest 2のような単体動作型ではなく、USB Type-Cの有線ケーブルでパソコンやスマートフォンにつなぐ外部接続型である。

メガネのつる部分はスピーカーを搭載、折り畳みも可能
メガネのつる部分はスピーカーを搭載、折り畳みも可能
写真左はMeganeXを横から見た様子。写真右はつる部分を底部側から見た様子で、中央にある細長いスリット部分がスピーカー(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
MeganeXは有線で接続する外部接続型
MeganeXは有線で接続する外部接続型
MeganeXから有線ケーブルが伸びた先にUSB Type-Cポートがあり、そこにケーブルをつなぐ。パソコン側では、電源コネクターを備えた専用のインターフェース変換ボックスを使用し、USB Type-CポートをDisplayPortなどに変換してパソコンにつなぐ想定だという。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 量産にあたり、本体構造は21年に公開したVRグラスから大きく変化し、ほぼ新規に設計し直しているという。「剛性を上げるため、本体構造を大きく変えた。IPD調整機構は全て新しくなり、アイカップ(接眼部)なども新たに設計した。メガネのテンプル部分の見た目は21年のものとよく似ているが、金型を使って作ることを想定した設計となり、内部構造がガラッと変わっている。また、排熱機構なども変えていて、機構面はほぼ新規設計と言ってよいかもしれない」(岩佐氏)。

2021年にパナソニックが発表したVRグラスの外観
2021年にパナソニックが発表したVRグラスの外観
21年に発表したVRグラスでは写真右のようにメガネのつる部分を折り畳めた。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 現時点で専用のコントローラーはなく、記者が体験したデモでは既製品の外部コントローラーを使用した。岩佐氏は「VRグラスの発売時に向けて6DoFのコントローラーを開発している」と話す。

 同様に小型軽量なVRグラスである台湾HTCの「VIVE Flow」などはスマートフォンをコントローラー代わりとしているが、MeganeXでは「将来的にビューワーのような使い方をする際にスマートフォンを使う可能性は考えているが、それではメタバースのコンテンツをフルに楽しむことができないため、現状ではスマートフォンをコントローラーにすることは考えていない」(岩佐氏)という。

MeganeXでSteamVRのVRアプリケーション「VRChat」をプレーしている様子
MeganeXでSteamVRのVRアプリケーション「VRChat」をプレーしている様子
胸や脚にはボディートラッキング用のShiftall製品「HaritoraX」を装着している。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]