全1547文字
PR

 米NVIDIA(エヌビディア)は、最新アーキテクチャー「Ampere」を採るGPU「GeForce RTX 30シリーズ」のデスクトップPC向けローエンドカードとして「GeForce RTX 3050」を、テクノロジー見本市「CES 2022」の開催に合わせて発表した ニュースリリース 。2022年1月27日に全世界で発売になる。この新製品の価格は、米国では249米ドルから。日本では3万9800円からである。

「GeForce RTX 3050」の概要と製品イメージ
「GeForce RTX 3050」の概要と製品イメージ
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]

 GeForce RTX 3050には8GバイトのGDDR6型DRAMが搭載され、GPUチップにはレイトレーシング用の第2世代RTコアや、DLSS(Deep Learning Super Sampling)とAI(人工知能)処理用第3世代Tensorコア、2560個のCUDAコア(ベース/ブーストクロック周波数は1.55G/1.78GHz)が集積されている。このカードを使えば、主要なゲームにおいて、DirectX Raytracingを有効にして、1080p解像度で60フレーム/秒の表示が可能だという。

「GeForce RTX 3050」の主な仕様
「GeForce RTX 3050」の主な仕様
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]
「GeForce RTX 3050」は前世代品より高性能
「GeForce RTX 3050」は前世代品より高性能
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、NVIDIAは、GeForce RTX 30シリーズのGPUカードのハイエンド製品もちらっと見せた。「GeForce RTX 3090 Ti」がそれで、21Gビット/秒のGDDR6X型DRAMを24Gバイト搭載する。シェーダー性能は40TFLOPS、レイトレーシング性能は78TFLOPS、テンソル(AI)性能は320TFLOPSで、「モンスター級GPU」(NVIDIAのJeff Fisher氏、senior vice president of GeForce business)という。3スロット厚の製品である。GeForce RTX 3090 Tiの詳細は、22年1月末までに改めて発表するとのことだった。

ハイエンドGPUカード「GeForce RTX 3090 Ti」をちらっと見せた
ハイエンドGPUカード「GeForce RTX 3090 Ti」をちらっと見せた
(出所:NVIDIAのCES出展内容ビデオからキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]