全3272文字

打鍵音をノイズキャンセル機能で抑える

 とはいえ、すぐに高級キーボードを購入できないという人もいるだろう。お金をかけずに打鍵音を抑えるTipsを紹介する。

 まずは、Web会議ツールのノイズキャンセル機能を使う方法だ。この機能を使うと、キーボードに限らず、エアコンの動作音や近くを走る車の音などにも効果がある。周囲のノイズ源は多いときはぜひ活用したい。

 Web会議ツールのZoomでノイズキャンセル機能を使うときは、まずアプリの「設定」を開く。次に、「オーディオ」タブの「背景雑音を抑制」で設定する。「自動」のほか「低」「中程度」「高」の3レベルが選べるが、打鍵音を消したいときは「高」にチェックしよう。

 自分が話していないときは、ほぼ完璧に打鍵音を消してくれる。ただし、自分が話しているときにタイピングすると、打鍵音が声と一緒に聞こえてしまう。

ノイズキャンセル機能を3段階の強さから選べる
ノイズキャンセル機能を3段階の強さから選べる
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoft(マイクロソフト)のMicrosoft Teamsでノイズキャンセル機能を使うときは、「デバイスの設定」を開き、「ノイズ抑制」で設定する。「高」「低」「オフ」の3段階から選べ、打鍵音を消すときは「高」にしておく。

 なぜノイズキャンセル機能に「低」が用意されているのかというと、細かいノイズは抑えつつもBGMを配信したいという場合に利用するためだ。「高」の設定ではBGMも除去されてしまう。もちろん「低」の場合は打鍵音があまり抑えられない。

「デバイスの設定」の「ノイズ抑制」で設定できる
「デバイスの設定」の「ノイズ抑制」で設定できる
[画像のクリックで拡大表示]

Meetは有料プランでないとノイズキャンセルをオフにできない

 米Google(グーグル)のGoogle Meetにもノイズキャンセル機能が備わっているが、無料プランでは使えないようだ。Meetのヘルプページによると、有料プランのエディションでノイズキャンセル機能を利用できるとなっている。

 有料プランに契約したらMeetの設定を開き、「音声」タブを開くと「ノイズキャンセル」という項目がある。この項目をオンにすると打鍵音を抑えられる。

有料プランでは「ノイズキャンセル」の設定項目が表示される
有料プランでは「ノイズキャンセル」の設定項目が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 Meetの無料プランではノイズキャンセル機能の設定項目は表示されない。ただいろいろと試したところ、無料プランでもノイズを抑える機能が有効になっているようだ。標準状態で打鍵音がかなり抑えられていた。逆に言えば、無料プランではノイズキャンセル機能が常にオンになっていて、オフにできないようだ。

無料プランでは「ノイズキャンセル」の項目がない
無料プランでは「ノイズキャンセル」の項目がない
[画像のクリックで拡大表示]