全1928文字
PR

 2021年2月、大分県中津市の開通前の自動車専用道路で食事したり宿泊したりする地域体験型ツーリズム「耶馬渓(やばけい)トンネルホテル」が実現した。21年度のグッドデザイン賞や九州ADCアワード2021のカテゴリー賞のソーシャルグッド部門で受賞するなど、反響を呼んだ。ツーリズムを統括したテンポラリ耶馬渓の福田まや代表に、イベントの様子や意義について語ってもらった。(聞き手は真鍋 政彦=日経クロステック)

耶馬渓トンネルホテルのメイン会場となった「鹿熊ふるさとトンネル」。トンネル内に、受付や食卓など簡易な施設を設けた(写真:谷 知英)
耶馬渓トンネルホテルのメイン会場となった「鹿熊ふるさとトンネル」。トンネル内に、受付や食卓など簡易な施設を設けた(写真:谷 知英)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年2月11日~13日のうち2日を選んで、1泊2日で宿泊する「耶馬渓トンネルホテル」には、どのような人が参加したのでしょうか。

福田まや・テンポラリ耶馬渓代表(以下、福田): 多かったのは子ども連れの家族です。おしゃれな人ばかりが参加するのかと思っていたのですが、ジャージを着たおじさんも来てくれました(笑)。20代のカップルや海外の旅行インスタグラマーなど、とにかくいろんな人が県内外から参加してくれました。これまで土木に興味がなかった人に、トンネルの魅力を訴求できたのではないでしょうか。

福田まや・テンポラリ耶馬渓代表
福田まや・テンポラリ耶馬渓代表
デザイン事務所「星庭」の代表でもある。奈良県出身。関西・東京の広告代理店などでデザインの仕事に関わる。小学生の頃から遊びに来ていた耶馬渓が気に入って、結婚後、2012年に耶馬渓へ移住した(写真:谷 知英)
[画像のクリックで拡大表示]

 トンネルの現場に関わる方など、建設関係者も複数人いました。その他、イベントに参加してくれた寡黙だった人が、イベント後に宿泊場所のキャンピングカーに置いていたノートの切れ端に、企画に対する感謝の意を書かれてくれていたのは、とてもうれしかったです。

耶馬渓トンネルホテルでの食事の様子(写真:谷 知英)
耶馬渓トンネルホテルでの食事の様子(写真:谷 知英)
[画像のクリックで拡大表示]
耶馬渓トンネルホテルでは、トンネルに隣接する橋の上にキャンピングカーを置いて、そこで宿泊した(写真:谷 知英)
耶馬渓トンネルホテルでは、トンネルに隣接する橋の上にキャンピングカーを置いて、そこで宿泊した(写真:谷 知英)
[画像のクリックで拡大表示]

 実施したのは 2月でしたが、トンネル内は寒くなかったのでしょうか。

福田: 寒さについてはあまり心配していませんでした。トンネル内に設けた食事スペースは簡易なビニールシートで囲んでいたし、ストーブも置いていたので。事前にBluetoothで送信できる気温計を数カ所に置いて気温を計測したところ、人がいる所で15、16度ぐらいでした。

トンネル内で食事をする空間はビニールシートで囲んでいたため、防寒着で十分に過ごせる温度だったという(写真:谷 知英)
トンネル内で食事をする空間はビニールシートで囲んでいたため、防寒着で十分に過ごせる温度だったという(写真:谷 知英)
[画像のクリックで拡大表示]
大分県臼杵市のケータリングサービスを手掛ける「USAMI finefood and cuisine」が提供したディナー(写真:谷 知英)
大分県臼杵市のケータリングサービスを手掛ける「USAMI finefood and cuisine」が提供したディナー(写真:谷 知英)
[画像のクリックで拡大表示]
トンネルBarの様子。食事の後に、カクテルなどが振る舞われた(写真:谷 知英)
トンネルBarの様子。食事の後に、カクテルなどが振る舞われた(写真:谷 知英)
[画像のクリックで拡大表示]