全397文字
PR

 三菱自動車が2022年度初頭に発売を予定する軽自動車の電気自動車(EV)の輪郭がはっきりしてきた。同社は22年1月14日、新型軽EVのコンセプト車「K-EV concept X Style」をカスタムカー関連の展示会「東京オートサロン2022」(2022年1月14日~16日、幕張メッセ)で初披露した。

三菱自動車の新型軽EVのコンセプト車「K-EV concept X Style」
三菱自動車の新型軽EVのコンセプト車「K-EV concept X Style」
(画像:三菱自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型軽EVは、三菱自と日産自動車との合弁会社NMKVで企画・開発を進めている。搭載する電池の容量は20kWhを確保する考えである。購入者の実質負担額は、国や自治体の補助金を適用して約200万円からになる見込み。スズキやホンダ、ダイハツ工業といった競合も軽EVの開発を進めており、三菱自と日産はいち早く新型車を投入して先行を狙う。

 今回披露したK-EV concept X Styleの外観デザインは、三菱自の軽自動車「eKクロス」に似る。充電口は、車体右(運転席)側の後輪付近に配置した。

K-EV concept X Styleのフロントビュー
K-EV concept X Styleのフロントビュー
(画像:三菱自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
三菱自の軽自動車「eKクロス」
三菱自の軽自動車「eKクロス」
(画像:三菱自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
K-EV concept X Styleのリアビュー
K-EV concept X Styleのリアビュー
(画像:三菱自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
K-EV concept X Styleのサイドビュー
K-EV concept X Styleのサイドビュー
(画像:三菱自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
車体右側の後輪付近に充電口
車体右側の後輪付近に充電口
(画像:三菱自動車)
[画像のクリックで拡大表示]