全1269文字
PR

 トヨタ自動車は、「東京オートサロン2022」(2022年1月14~16日開催)のプレスカンファレンスで「GRヤリス」のフルチューンモデル「GRMNヤリス」を初披露した(図1)。同車を500台限定販売モデルとして同年夏ごろに発売する予定である。TOYOTA GAZOO Racing(TGR)のWEBサイトを通じて同年1月14日から予約抽選を受け付ける。

図1 「GRヤリス」のフルチューンモデル「GRMNヤリス」
図1 「GRヤリス」のフルチューンモデル「GRMNヤリス」
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、GRヤリスを、モータースポーツの現場でドライバーファースト(運転者に合わせて細かくカスタマイズし、安全で乗りやすいクルマに進化させること)なクルマづくりを通じて鍛え上げてきた。そして、「GRヤリスはこうだ」というクルマに育ってきたことから、今回のGRMNヤリスとしての市販化に踏み切った。

 このGRMNヤリスでは、ボディー剛性を強化した他、「GRヤリス RZ“High performance”」と比べて、約20kgの軽量化、車高の10mm低減による低重心化、および全幅の10mm拡大による空力改善を図っている。加えて、機械式の差動制限装置(LSD)の性能を向上させる、クロス・ギアレシオ・トランスミッションとロー・ファイナル・ギアのセットを採用するといった取り組みも実施している。さらに、プロドライバーの走り込みによって、制動力やグリップ、旋回性、追従性を向上し、より安心で速く走れるクルマへと進化させたとする。

 同車では、「アップデートプログラム」「パーソナライズプログラム」を通じて、クルマを進化させたり、カスタマイズによってパフォーマンスを引き出したりするサービスを提供する。具体的には、アップデートプログラムでは、モータースポーツの現場で磨いた技術をパーツの追加やソフトウエアアップデートによって提供する。エンジン強化や駆動制御の改善などを予定しているという。

 パーソナライズプログラムでは、顧客の運転データを分析し、それに合わせてカスタマイズを実施する。ステアリング制御やエンジン制御、駆動配分と行ったソフトウエアに加えて、アブソーバーの減衰力、ばねレート、空力パーツといったハードウエアの最適化も予定している。