全852文字
PR

 SUBARU(スバル)と同社のモータースポーツ統括会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は2022年1月14日、電気自動車(EV)のコンセプトモデル「STI E-RA CONCEPT」および「SOLTERRA STI CONCEPT」を「東京オートサロン2022」(1月14~16日開催)で公開した。

「STI E-RA CONCEPT」
「STI E-RA CONCEPT」
(出所:スバル/STI)
[画像のクリックで拡大表示]

 STI E-RA CONCEPTは、4つのモーターを搭載し、4輪ごとに制御する「AWDトルクベクタリング」を採用する。「1000馬力を超える出力性能を持ち、ドイツのニュルブルクリンクサーキット北コースを400秒(6分40秒)で走る性能を目指して開発している」(STI代表取締役社長の平岡泰雄氏)という。ベース車両は同社が開発中の2ドアクーペGTカー。「電動化の波はモータースポーツの世界にも押し寄せている」(同氏)と指摘する。

 現時点では参戦できるレースカテゴリーはないが、「スバルらしいAWDの走りができるEVを開発する。モーターになってもスバルらしいと言われるような技術を培っていきたい」(同氏)と述べた。

 一方、SOLTERRA STI CONCEPTは、21年11月に公開したスバル初のグローバルEV「SOLTERRA(ソルテラ)」をベースにしたコンセプトカー。アンダースポイラーやルーフエンドスポイラーなどを付加し、スポーティーな走りのイメージを表現した。

「SOLTERRA STI CONCEPT」
「SOLTERRA STI CONCEPT」
(出所:スバル/STI)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はトヨタ自動車とともに22年シーズンのスーパー耐久シリーズに、カーボンニュートラル燃料を使用した車両で参戦することを発表した。スバルは「BRZ」、トヨタは「GR86」をベースに、バイオマス由来の合成燃料で走行する車両を新たに開発し、ST-Qクラスに参戦、実証実験する。

 スバル常務執行役員CTO(最高技術責任者)の藤貫哲郎氏は、「トヨタと協調しながら、レースの場ではガチンコの勝負をすることで、技術開発のスピードを加速していきたい」とコメントした。22年3月の開幕戦に向けて、車両の開発とテストを全力で進めているという。