全5558文字

 海外におけるグリーン水素、すなわち再生可能エネルギーによる電力で水を電気分解して生成する水素の量産計画が急増し、近い将来に世界のエネルギー事情を大きく左右する勢いになっている。

計画生産量は日本の消費エネルギーを超える

 日経クロステックの集計によると、2021年12月末時点でのグリーン水素大規模量産計画は、計1.62T(テラ)Wを超える規模になった注1)。仮に稼働率を40%とした場合の年間水素生産量は5676TWh。標準的な水電解装置の水素の生産効率は4.5kWh/Nm3であるため、5676TWhの水素は、1261×109Nm3=約1億1260万トン注2)となる。

 総発熱量(高位発熱量)は、16×1018Jとなって、日本の2015年度の最終エネルギー消費量約13.55×1018J(資源エネルギー庁調べ)を超える。グリーン水素の量産はまだスタート地点に着いたばかりという段階だが、計画は既にこの規模に達しているわけだ。

注1)この場合の「W(ワット)」は、水電解装置の駆動(消費)電力を指す。
†Nm3=ノルマルリューベ。標準状態(セ氏0度、大気圧)における1立方メートル分の気体。
注2)再生可能エネルギーで稼働率40%を実現できるのは、日本では一部の洋上風力発電ぐらいだが、今、グリーン水素計画が急増している地域では、風力発電の設備稼働率40~50%は珍しくない。太陽光発電も日照条件がよい場所では稼働率30%前後になる(日本の平均は12%)。導入時は水電解装置の稼働率が高くなるように再生可能エネルギーを多めに導入するのが一般的なので、稼働率は40%よりずっと高い可能性がある。

1年で規模が27倍に拡大

 もちろん、計画の多くは2030年前後の本格稼働を想定し、現時点ではまだ資金の裏付けもないような“青写真”もしくは“絵に描いた餅”に近い。それでも、約1年前の時点での計画の合計は60GWほどしかなく、短期間に約27倍に膨れ上がったのは驚きといえる。しかもその大部分は、2021年秋以降に発表されたもので、現在進行形で増えているのである。

 グリーン水素の量産計画が数多く立ち上がっているのはやはり再生可能エネルギーの導入が盛んで余剰電力が多い地域、または再生可能エネルギーの条件が非常によい場所である。具体的には、(1)オーストラリア、(2)南米のパタゴニア地方(南緯40度以南のチリやアルゼンチンにまたがる地域)、(3)中国、(4)欧州、(5)中東、(6)インドといった国・地域だ。

日本をターゲットに計画が大幅拡大

 この中でも、グリーン水素の大規模量産計画をけん引しているのが(1)のオーストラリアである(表1)。1年前の時点では、香港InterContinental Energyが主導する「Asian Renewable Energy Hub(AREH)」だけが巨大で他は小規模なままだったが、この1年で数G~10GW規模の計画が多数登場してきた。オーストラリアだけで計画の合計は260GWを超える。

表1 オーストラリアの主なグリーン水素生産計画。1GW以上または斬新な試みを取り上げた。斬新な試みについては赤字で記してある。
(出所:公開情報から日経クロステックが作成)
表1 オーストラリアの主なグリーン水素生産計画。1GW以上または斬新な試みを取り上げた。斬新な試みについては赤字で記してある。
[画像のクリックで拡大表示]

 その中でも西オーストラリア(WA)州は州政府がグリーン水素の導入に積極的で2030年までに200GWを導入する目標を立てている。一方で、オーストラリア連邦政府は拙速な導入にやや慎重姿勢で、2021年6月のAREHの認可申請を即座に却下した。ただし、事業者らは諦めておらず、計画に微修正を施したのちに再挑戦する姿勢だ。勢いは陰るどころか、AREHを超える規模の「Western Green Energy Hub(WGEH)」、その他の大小の計画が雨後の筍(たけのこ)のように増えているのである。

 そんなに大量のグリーン水素を生産して何に使うのか。実はその供給先の代表格が日本だ。日本における水素大手の岩谷産業、川崎重工業、丸紅、IHI、三菱重工業なども、これらオーストラリアのグリーン水素生産事業者との関係づくりに積極的である(表1、図1)。

図1 岩谷産業、川崎重工業、関西電力、丸紅が2021年9月に発表した、オーストラリア クイーンズランド州Gladstone近郊で同国の企業と組んで始めるグリーン水素生産事業「Central Queensland Hydrogen Project」のインフラのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
図1 岩谷産業、川崎重工業、関西電力、丸紅が2021年9月に発表した、オーストラリア クイーンズランド州Gladstone近郊で同国の企業と組んで始めるグリーン水素生産事業「Central Queensland Hydrogen Project」のインフラのイメージ
(出所:丸紅)