全4532文字
PR

 再生可能エネルギーで水を電気分解して生産する「グリーン水素」は、これまで世界のエネルギー動向を左右してきた世界の産油国をも揺さぶっている。グリーン水素の急増に手をこまぬいていれば、石油が売れなくなった際に国家としての存立基盤を失うからだ。このため、主な産油国は急速にグリーン水素の大量生産へと動き出した(表1)。

表1 中近東、アフリカ、中央アジア、南アジアの主なグリーン水素生産計画。1GW以上または斬新な試みを取り上げた。斬新な試みについては赤字で記してある。
(出所:公開情報から日経クロステックが作成)
表1 中近東、アフリカ、中央アジア、南アジアの主なグリーン水素生産計画。1GW以上または斬新な試みを取り上げた。斬新な試みについては赤字で記してある。
[画像のクリックで拡大表示]

サウジ政府は2050年までに80兆円超を投資

 その動きをけん引するのがサウジアラビア、そしてカザフスタンである。サウジアラビアの石油最大手Saudi Aramco(サウジアラムコ)などは2030年までに300億米ドル(1米ドル=約115円で約3.5兆円)を投じて58.7GWの規模でグリーン水素とアンモニアの生産計画を立てている。

 同社は最近まで、二酸化炭素(CO2)を回収しながら化石燃料を水蒸気改質した「ブルー水素」とそれに基づくアンモニアを推進する立場だった。この1年のグリーン水素の急激な台頭をみて、ブルー水素だけに依存するのは危険と判断したのかもしれない。

 30年の目標としては65億米ドル(同約7500億円)、生産規模4GWとやや控えめなサウジアラビアの未来都市NEOMでの「Helios Green Fuels Project」にも注視が必要だ。サウジアラビア政府は50年には、この計画への投資規模を10倍超の7000億米ドル(同約80兆円)にする方針だからである。

 中東のその他の国、例えばアラブ首長国連邦(UAE)は具体的な計画の発表こそまだだが、50年に同国の消費エネルギーの50%以上を再生可能エネルギー由来にする計画を21年11月に発表した。

 産油国の中堅といえるカザフスタンも、ドイツの風力発電事業者Svevind Energy(スベビントエナジー)と共同で、計40GWという大規模なグリーン水素の生産計画を立てている(図1)。スベビントエナジーとカザフスタン政府との契約時には、同国の副首相が出席する注力ぶりだった。

図1 カザフスタンでSvevind Energyが大量導入するグリーン水素生産インフラのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
図1 カザフスタンでSvevind Energyが大量導入するグリーン水素生産インフラのイメージ
(出所:Svevind Energy)