全4991文字
PR

 今回は、Rustで書いたアプリケーションを実際に動かして、Rustを使う楽しさを体感してみよう。例題に選んだのは「コラッツ予想」という数学の問題だ。

 コラッツ予想は、いまだに解決されていない不思議な問題である。任意の正の整数nに次のルールの操作を繰り返すことで、どんな整数であっても必ず最後には1になる、というものだ。

  • n が偶数の場合には、nを2で割る
  • n が奇数の場合には、nに3をかけて1を足す

 例えば6という整数を例にとると、次のように計算が進んでいく。今回はこうした計算をRustで再現してみる。

  • 6は偶数なので、2で割る→3
  • 3は奇数なので、3をかけて1を足す→10
  • 10は偶数なので、2で割る→5
  • 5は奇数なので、3をかけて1を足す→16
  • 16は偶数なので、2で割る→8
  • 8は偶数なので、2で割る→4
  • 4は偶数なので、2で割る→2
  • 2は偶数なので、2で割る→1

Rustとプロジェクトをセットアップしよう

Rustのセットアップ

 筆者はMacを使っており、次のような環境になっている。

[画像のクリックで拡大表示]

 環境としてMacやLinux、その他のUnix系OSを使っている場合は、次のコマンドをターミナルで実行することで、Rustを始めるために必要な道具がすべてそろった状態になる。

curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh

 Windowsを使っている場合は、Rustの公式サイトの指示に従ってインストールする。

関連リンク: Rust公式サイトのインストールページ

 準備ができたら次のコマンドを実行してみよう。rustcはRustのコンパイラーだ。これでコンパイラーのバージョンが表示される。

$ rustc --version

 今回の記事では、筆者は「rustc 1.58.1 (db9d1b20b 2022-01-20)」というバージョンのコンパイラーを使っている。