企業が5G(第5世代移動通信システム)の技術を使い、自社専用ネットワークを構築できる「ローカル5G」。2019年末の制度化以来、設備投資の負担が重く普及は進んでいなかったが、ここにきて大きな転機を迎えている。ベンダー各社がこれまでより大幅にコストを抑えた新製品や新サービスを相次ぎ投入し、実証実験を通じたノウハウの蓄積も進んできたからだ。消費者向けの商用サービスもついに登場する。2022年はローカル5Gにとって真に飛躍の年となるか。