全637文字
PR

プログラミングに興味を持った小学生のタケルくんは、詳しい知識を持つお父さんからPythonを教わることにしました。今回のテーマは「プログラミングの意味」です。

(作画:森マサコ)
(作画:森マサコ)
[画像のクリックで拡大表示]

タケル:お父さん、何してるの?

お父さん:プログラミングの勉強をしてるんだ。

タケル:プログラミングって何?

お父さん:コンピューターで動くプログラムを書くことだよ。タケルはパソコンでよくゲームをしてるだろ。パソコンのゲームもプログラムでできてるんだ。

タケル:ということは、プログラミングを覚えればゲームも作れるの?

お父さん:うん、そうだよ。

タケル:やりたい、やりたーい!

お父さん:わかった。じゃあ、ちょっとずつ勉強していこうか。

機械とのコミュニケーション

お父さん:まず、「プログラミング言語」から。

タケル:何それ?

お父さん:人が人に考えを伝えるのには言葉で話したり書いたりするよね。そのときには日本人だと日本語、アメリカ人だと英語という言語を使う(図1)。

図1●コンピューターに考えを伝えるときにはプログラミング言語を使う
図1●コンピューターに考えを伝えるときにはプログラミング言語を使う
(作画:森マサコ)
[画像のクリックで拡大表示]

タケル:うん。