全1348文字

 「LiDAR(レーザーレーダー)はディーラーで取り付け作業できるように、配線まで済ませた状態で出荷している」。トヨタ自動車の自動運転開発者はこう明かす。本当か――。

 こんな疑問を持ってスタートしたのが、トヨタの燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の分解調査だった。調査すべき項目は数多くあるが、プロジェクトチームは「面白そうなところから見てみよう」という意見で一致した。

 日経BPのプロジェクトチームが購入したミライは、高度運転支援技術「Advanced Drive(アドバンストドライブ)」を搭載したモデルである。当初は4個のLiDARを搭載して周囲の状況を監視する予定だったが開発が間に合わず、発売時点では前方監視用としてLiDARを1個だけ搭載することになった。

 そして、左右と後方の計3個のLiDARは、後付けで無償追加することとした。販売後の車両の部品を更新する“ハードウエアアップデート(ハード更新)”は、トヨタとして初めての取り組みとなる。

 ハード更新の作業を担当するのはディーラーだ。自動車整備のプロではあるが、新型のセンサーを扱った経験はない。トヨタの開発担当者には、LiDARを容易に後付けできるような配慮が求められた。いったいどのように解決したのか。分解して確かめてみた。

樹脂カバーを外してみると……

 左右と後方のLiDARを追加する場所は、樹脂カバーで覆われている(図1)。既報の通り、車両後方のカバーを外すと、ダミーのLiDARが姿を現した(図2)。

図1 LiDARの搭載スペースは樹脂カバーで保護
図1 LiDARの搭載スペースは樹脂カバーで保護
車両の後方と側方に、LiDARを追加するスペースを設けていた。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 車両後方にダミーLiDAR
図2 車両後方にダミーLiDAR
樹脂カバーを取り外すと姿を現した。分解作業は、千葉県自動車大学校(CATS)の設備と教員の協力を得た。(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 本物のLiDARを取り付けるには、樹脂製のアンダーカバーも取り外す必要があることが分かった(図3)。ダミーのLiDARはリアバンパーの裏側から3本のボルトで固定されていた。ダミーであるにもかかわらず、電気配線が2本接続されていた(図4)。本物を付ける際には、まずダミーのLiDARを取り外し、電気配線を付け替える作業を行うとみられる。

図3 車両底部はアンダーカバーで保護
図3 車両底部はアンダーカバーで保護
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 リアバンパーの内側でLiDARを固定
図4 リアバンパーの内側でLiDARを固定
LiDARと先進運転支援システム(ADAS)用ECU(電子制御ユニット)をつなぐ電気配線は敷設済みだった。(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 では、車両左右の側方監視用LiDARはどうか。