全2131文字

 渋滞末尾を模したダミー車両に、テストコースを走る「レクサスLS」が勢いよく突っ込んでいく。その車速は約136km/hを記録。衝突を覚悟した次の瞬間、「キーッ」という甲高いスキール音を鳴らして急ブレーキがかかる。レクサスLSの鼻先は、ダミー車両には触れていなかった――。

 これは、レクサスLSに搭載した高度運転支援技術「Advanced Drive(アドバンストドライブ)」(以下、AD)の実力を誇示するため、トヨタ自動車が作成した映像のワンシーンである(図1)。

図1 Advanced Driveを搭載するレクサスLS
図1 Advanced Driveを搭載するレクサスLS
写真は、米国で試験走行した様子。(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタが量販車に搭載している先進運転支援システム(ADAS)「Toyota Safety Sense(TSS)」では、「静止車両に対する自動ブレーキで衝突を回避できるのは約60km/hまで」(同社の自動運転技術者)である。道路状況や天候などの環境に左右されるものの、ADは「従来のTSSよりも2倍以上のスピードで走っていても事故を防げる」(同技術者)という。

 ここで気になるのが、「136」という数字だ。トヨタは今のところ、ADを日本市場向けのレクサスLSと「MIRAI(ミライ)」にしか搭載していない。そして日本の道路の最高速度は120km/h。約136km/hへの対応は過剰で、キリが悪いようにも思える。だが、この数字には意味がある。

Advanced Driveを米国に投入へ

 単位をkmからマイルに変換すると分かる。136km/hは約85マイル/hとなる。そしてこの85マイル/hは、米国における道路の最高速度なのだ。正確には、米国は州や地域によって最高速度の設定が異なるが、最も高いもので85マイル/hとされている。

 トヨタは、AD搭載車の米国市場への投入を2022年前半に始めるようだ。ADに必要な高精度地図もすでに構築済み。その距離は約23万8000kmに及ぶ。日本で整備した高精度地図は約3万km分で、けた違いに長い。

 自動ブレーキ性能の大幅向上や地図の構築といった下準備を経て、トヨタはADの世界展開を開始する。

 従来のTSSから飛躍的に緊急自動ブレーキの性能を高められた大きな要因が、前方監視用センサーの刷新である。新開発したLiDAR(レーザーレーダー)と望遠カメラを採用した。いずれも、200m以上先の車両の存在を把握できる。従来システムで使う単眼カメラやステレオカメラの検知距離は100mほどだった。

 前置きが長くなったが、ミライから取り外したLiDARと望遠カメラを分解調査していこう(図2)。

図2 ミライに搭載するLiDARと望遠カメラ
図2 ミライに搭載するLiDARと望遠カメラ
2つのセンサーはいずれも、200m以上先の車両の存在を把握できる。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]