労働生産性が全産業平均と比べて4割低い建設業。製造業などで実績のあるICT(情報通信技術)や新工法などを駆使して、国土交通省は2025年までに15年比で20%の向上を掲げる。建機やソフトウエアの技術発展によって、生産性の引き上げが難しいとされていた中小の建設会社でも先進的な取り組みが出始めている。事例や専門家の声から現状をひもとき、残り3年間の課題を探る。