全894文字
PR

プライバシー
履歴がダダ漏れ!?あなたの行動は把握されている

 グーグルのサービスを利用するたびに、「どんなキーワードで検索したか」「どんな動画を視聴したか」「何月何日にどこに行ったか」といった履歴がアカウントに保存されていることに気付いているだろうか(図1)。サービスの利便性向上や適切な広告表示が目的とはいえ、自分の嗜好や行動パターンまで丸裸になってしまうのは、気持ちの良いものではない。

思わぬ情報まで収集されている
思わぬ情報まで収集されている
図1 グーグルのサービスを利用すると、知らないうちにさまざまな情報が記録・保存される。例えば、Google検索やマップの履歴、YouTubeの視聴履歴、スマホの位置情報などが保存されている場合がある。ユーザーの利便性は高まるが、プライバシーが気になるなら設定の見直しが必須だ
[画像のクリックで拡大表示]

 気になる人は、アカウント管理画面の「データとプライバシー」の項目をチェックしよう(図2)。あれこれ確認するのが面倒であれば、ひとまず「プライバシー診断」をお勧めしたい。履歴の保存の有無やその保存期間など、多くのユーザーに関わる設定が簡単に見直せるようになっている。

個人情報の収集状況が一目瞭然
個人情報の収集状況が一目瞭然
図2 左記のURLを入力するか、Chromeまたはグーグルのサービス右上のアカウントのアイコンを押して「Googleアカウントを管理」を選び、「データとプライバシー」を選択(1)(2)。この画面で保存されている情報を確認できる。「提案を確認(または「プライバシー診断を行う」)」を押せば(3)、グーグルが推奨する設定を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 グーグルが記録している情報は図3で挙げた「ウェブとアプリのアクティビティ」「ロケーション履歴」「YouTubeの履歴」の3項目。本人が気付いていないケースも多いが、アカウント取得時などにユーザーの承諾を得ているため、記録のオンオフはアカウントによって異なる。

図3 図2の「履歴の設定」にある「ウェブとアプリのアクティビティ」「ロケーション履歴」「YouTubeの履歴」がそれぞれオンの場合に記録される主な情報。ユーザー自身でオンオフできるが、デメリットもある(図7参照)
図3 図2の「履歴の設定」にある「ウェブとアプリのアクティビティ」「ロケーション履歴」「YouTubeの履歴」がそれぞれオンの場合に記録される主な情報。ユーザー自身でオンオフできるが、デメリットもある(図7参照)
[画像のクリックで拡大表示]

 これら3項目で真っ先に確認したいのが、ウェブとアプリのアクティビティだ(図4)。検索やマップの使用履歴、ダウンロードしたアプリなど多岐にわたる情報が記録される。記録されたデータは一覧で表示できるので、いかにグーグルにプライベートな情報が把握されているかに驚くだろう(図5)。図6では、記録された履歴データを全消去することが可能だ。

情報収集の中心は「アクティビティ」
情報収集の中心は「アクティビティ」
図4 図2で「ウェブとアプリのアクティビティ」を押すと、保存されている履歴の表示や保存のオンオフが可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
図5 図4で「すべて表示」を押すと、グーグルのサービスの利用履歴が時系列で一覧表示される(1)。「×」を押せば個別に削除できる(2)。ページ上方の「削除」を押すと、指定期間あるいはすべてのデータを削除できる(3)
図5 図4で「すべて表示」を押すと、グーグルのサービスの利用履歴が時系列で一覧表示される(1)。「×」を押せば個別に削除できる(2)。ページ上方の「削除」を押すと、指定期間あるいはすべてのデータを削除できる(3)
[画像のクリックで拡大表示]
図6 図4で「自動削除オプションを選択します」を押すと、履歴の保存期間を指定してそれを過ぎると自動的に削除されるように設定できる(1)(2)。画面は「ウェブとアプリのアクティビティ」だが、「ロケーション履歴」と「YouTubeの履歴」も同様に設定できる
図6 図4で「自動削除オプションを選択します」を押すと、履歴の保存期間を指定してそれを過ぎると自動的に削除されるように設定できる(1)(2)。画面は「ウェブとアプリのアクティビティ」だが、「ロケーション履歴」と「YouTubeの履歴」も同様に設定できる
[画像のクリックで拡大表示]