全1313文字
PR

 バックアップのための機能やソフトは、Windowsが標準で備えるものや製品に付属するものなど、無料で使えるものがたくさんある。実は、市販されている外付けストレージの中に入っているHDDはほとんどが東芝、米シーゲイト、米ウエスタンデジタルのいずれかだ。この中で、東芝以外の2社は、自社製品向けに独自にソフトを提供しており、利用できる場合が多い(図1)。

●外付けストレージの中に入っているHDDのメーカーは主に3社
●外付けストレージの中に入っているHDDのメーカーは主に3社
図1 外付けストレージの中に入っているHDDのメーカーは、東芝、米シーゲイト、米ウエスタンデジタルのいずれかであることが多い。このうちシーゲイトとウエスタンデジタルはバックアップ用ソフトを提供しており、外付けHDDがそのメーカーのドライブを採用していれば利用できる場合が多い
[画像のクリックで拡大表示]

 使用されているHDDのメーカーを調べるには、次回で紹介する「CrystalDiskInfo」(ひよひよ氏作)などの情報表示ソフトを使う(図2)。全ての製品に対応しているわけではないが、多くの場合有効だ。図2では「ST2000DM005」とあり、Webで検索して調べるとシーゲイト製ということが分かった。

図2 HDDのメーカーは型番から調べる。外付けストレージの場合、Windows上で型番は表示されないことが多いため、「CrystalDiskInfo」などのソフトを活用しよう(左)。型番をWebで検索するとメーカーが分かる場合が多い(右)
図2 HDDのメーカーは型番から調べる。外付けストレージの場合、Windows上で型番は表示されないことが多いため、「CrystalDiskInfo」などのソフトを活用しよう(左)。型番をWebで検索するとメーカーが分かる場合が多い(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 ウエスタンデジタルのHDDなら、アクロニス・ジャパンの「True Image for Western Digital」が使える(図3)。システム全体のバックアップや、ストレージの内容を全てコピーする「ディスクのクローン」が利用できる。ただし、フォルダー単位のバックアップは、有料版へのアップグレードが必要だ。ちなみに、有料版の「True Image」は、「Cyber Protect」というソフトにリニューアルされ、サブスクリプション版のみの提供となっている。

●ウエスタンデジタルは「True Image」
●ウエスタンデジタルは「True Image」
図3 ウエスタンデジタルのWebサイトでは「True Image for Western Digital」がダウンロード可能。同社のドライブをバックアップ先に指定する必要はない
[画像のクリックで拡大表示]

 シーゲイトは「DiskWizard」というソフトを提供している(図4)。名前は異なるが、画面を見れば分かる通り、これはTrue Imageをベースにしたソフトで機能もほぼ同じだ。

●シーゲイトは独自ツールの「DiscWizard」
●シーゲイトは独自ツールの「DiscWizard」
図4 シーゲイトのWebサイトでは独自ツールの「DiscWizard」がダウンロードできるが、このソフトの機能はTrue Image for Western Digitalとほぼ同じだった
[画像のクリックで拡大表示]

 アイ・オー・データ機器が自社製品向けに提供する「Sync with」は、ファイルやフォルダー単位のバックアップをしたい場合に便利だ(図5)。フォルダーを2つ指定して同期するというシンプルな機能で、双方が新しいファイルを相手にコピーするという仕様のため誤って削除したファイルが同期によって失われてしまう心配がない。

●アイ・オー・データ機器は同期ソフトを提供
●アイ・オー・データ機器は同期ソフトを提供
図5 アイ・オー・データ機器は、同社製の外付けストレージ向けに「Sync with」という同期ソフトを提供している。2つのフォルダーの内容を同一に保てる
[画像のクリックで拡大表示]