全2984文字
PR

空中ディスプレーの中核部品である「パッシブ(受動)型光学素子」には、主に4種類の方式があり、その方式に応じて光学システムの構成や特性などが異なってくる。機器の設計者はそれぞれの長所・短所をよく理解しておく必要がある。

 2022年8月、東京駅前に地上45階の高層複合ビル「東京ミッドタウン八重洲」が竣工する。ポストコロナ時代の最先端オフィスをうたうこのビルのオフィス棟では、感染症対策のために完全タッチレスの仕組みが導入される。顔認証によるオフィス入退館システムなどとともに採用されるのが、33階あるオフィスフロア各階のエレベーターホールに設置される空中ディスプレー技術を使った非接触の行き先階選択ボタンである。各階に2台ずつなど、合計で70台程度の「空中タッチディスプレー装置」が導入される(図1)。

図1 エレベーターホールに設置される空中タッチディスプレー
図1 エレベーターホールに設置される空中タッチディスプレー
凸版印刷が開発した独自の平行浮遊方式の薄型装置。製品名は「La+ touch(ラプラスタッチ)」。(写真:凸版印刷)
[画像のクリックで拡大表示]

 この装置を開発・提供するのが凸版印刷だ。最大の特徴が、内蔵する7インチの液晶ディスプレー(LCD)と平行に空中に結像させることで、装置の厚さが電子回路基板を含めて60mmと、他社製品の多くと比べて約50%薄型な点だという。

 凸版印刷は技術の詳細について「特許申請中なので公表できない」(エレクトロニクス事業本部オルタス事業部営業部営業企画チーム部長の岩野毅氏)としている。ただし、この装置と同様にディスプレーと平行に映像を浮遊させる「マイクロレンズアレイ(MLA)」とは異なる「独自方式を開発した」(同氏)としている。