全1727文字
PR

 元エルピーダメモリ社長の坂本幸雄氏は日本で数少ない半導体のプロ経営者だ。エルピーダの破綻から10年、ここ数年関わっていた中国・紫光集団を2021年末に離れ、フリーになった。そこで、中国半導体産業の現況、日本の半導体産業再興に向けた課題などについて、もろもろ語ってもらった。今回も前回に引き続き、中国の半導体製造技術の現状と、彼らが世界に追い付けない理由を聞いた。(聞き手は小柳建彦)

質問

中国には2000年代から日本や台湾や韓国が技術移転してきました。それなのに肝心の開発の核となる人材が中国では育っていないというのが前回のお話でした。チップのスペックを考えて、製造プロセスを決められるようになるには、試行錯誤と成功経験の積み重ねが必要ということでしたが、なんだか刀鍛冶のようなアナログの世界ですね。

坂本さんの答え

 その通りです。だから技術の継承が難しい。

坂本幸雄(さかもと・ゆきお)氏
坂本幸雄(さかもと・ゆきお)氏
(写真:加藤康)

 ノウハウを持っている技術者は、それをそうやすやすと他人に教えません。歩留まりを上げるにはどうしたらよいかとか、そういう表層的なところはすぐに喜んで教えるんです。しかし、開発の肝のところ、プロセスを組むキーのノウハウは出しませんよ。

「そんなことしたら自分の存在価値がなくなる」

 エルピーダでもすごいノウハウを持っている優秀な技術者がいたんです。その人にノウハウを共有できないか尋ねたことがあります。「いや坂本さん、そんなことしたら自分の存在価値がなくなるじゃないですか」と、あっさり断られました。

 それ相応の金銭的な見返りがあれば別でしょうけれども、その人がせっかく現役でやってくれているのにわざわざ余計な金を払ってまで技術継承させようという判断は経営にはなかなかできないですよね。たまたまうまくノウハウを盗めた、あるいは自分で獲得した人が次の世代に出てきても、その人も若手に無償で譲り渡すようなことはしないと思います。