全3536文字

 元エルピーダメモリ社長の坂本幸雄氏は日本で数少ない半導体のプロ経営者だ。エルピーダの破綻から10年、ここ数年関わっていた中国・紫光集団を2021年末に離れ、フリーになった。そこで、中国半導体産業の現況、日本の半導体産業再興に向けた課題などについて、もろもろ語ってもらった。 今回はDRAMを失った後に、国内の半導体産業が徐々に弱っていった理由について坂本氏の考えを聞いた。(聞き手は小柳建彦)

質問

 せっかく優れた製品開発能力がありながら、結局日本の半導体メーカーはロジック半導体の分野で、米インテル(Intel)のマイクロプロセッサーのような、これぞという世界級の製品を確立できませんでした。その後メモリー市況の波に打ちのめされて電機大手はすべてDRAMから撤退し、各社ともその後の半導体事業戦略が迷走しましたね。

坂本さんの答え

 DRAMの設備投資競争から脱落して、みんなが目先の売り上げが確保できるASIC(特定用途向け集積回路)とか、いわゆる「システムLSI」事業に流れていきましたね。これが製品開発力を致命的に弱める結果になったと思います。

坂本幸雄(さかもと・ゆきお)氏
坂本幸雄(さかもと・ゆきお)氏
(写真:加藤康)

仕事はたくさんあるが何も残らない

 ASICやシステムLSIのビジネスは、実は2通りあります。半導体メーカーの方が最終製品の用途やスペックまで考えて企画・開発するタイプの事業と、最終製品メーカーから言われた通りのものを造るだけの事業です。

 日本の半導体メーカーはどちらかというと後者の方に流れたと思います。つまり自分でアイデアのところから製品を開発しなくなった。製品開発力で勝負しなくなったのです。広くデジタル家電の基盤に使えるように、ある程度の汎用性を持たせて設計した日立製作所の「SH(SuperH)マイコン」のような製品にチャレンジしなくなった。

 お客の言う通りに造る仕事ならすぐ目の前にたくさんあります。だからそれをやっていれば一応食いつなげる。だけど何も残りません。

 パナソニックと富士通が共同で設立したソシオネクストという半導体会社があります。当初は独自のプロセッサーで勝負すると言っていたと記憶しているのですが、蓋を開けてみると顧客が仕様を決めたシステムLSIを、チップ製造に落とし込むカスタム品ばかりが事業の中心になった印象があります。

 つまりDRAM撤退後の総合電機大手の半導体事業は、NANDフラッシュメモリーの事業を継続した東芝を除くと、システムLSIを造るIDM(垂直統合型デバイスメーカー)と言いながら、顧客の望む機能を実現するチップの設計とそのチップの製造を請け負う、どちらかというと半導体受託製造(ファウンドリー)的な性格の事業に寄っていったように僕には見えています。