「今さらの“直6”開発、大丈夫か」――。直列6気筒エンジンを新開発し、それを載せるFR(前部エンジン・後輪駆動)プラットフォームまで用意したのがマツダである。

 時代に逆行するような戦略に見えるが、開発担当役員へのインタビューや新型「CX-60」の先行試乗などからマツダの狙いが浮かび上がってきた。エンジンをリスクヘッジ(回避)策の中心に据える、“業界のスモールプレーヤー”ならではの生き残り策を探った。