全6557文字
PR

Linuxでは、実用性の高いソフトウエアを無料で利用できる。そこで「デスクトップ」「文書作成」「インターネット」「マルチメディア」の4つの分野のフリーソフトを30本厳選し、紹介する。

No.18 Chromium

「Chrome」と同じように利用できる(ジャンル:Webブラウザー)

ターボリナックス 川田 剛史
https://snapcraft.io/chromium

 「Chromium」は、主に米Google社が開発/メンテナンスしているオープンソースのWebブラウザーです(図1)。「Goole Chrome」「Microsoft Edge」は、Chromiumのコードに機能を追加してリリースされています。Ubuntuでは「Ubuntu Software」でインストールできます。「chromium」で検索すると見つかります。

図1 Googleアカウントのログインメニューを開いた画面
図1 Googleアカウントのログインメニューを開いた画面
[画像のクリックで拡大表示]

 見た目や操作性、機能はChromeと同じで、Chromeと同じGoogleアカウントでログインすると、同期するブックマークなどのデータをChromeと共通化できます。このようにChromeと同じように利用できるため、普段はChromeを使いながら、一時的な利用でChromiumを使うといった使い分けができます。

 例えば、最近はオンライン会議が一般的になり、Webブラウザーの画面を会議の参加者と共有する機会が増えています。他人に見られたくない履歴やブックマークは誰にでもあるでしょう。また、テスト用途でWebブラウザーを使いたい場合、個人用途とテスト用途で使い分けたいと考えるかもしれません。

 履歴を残したくないときは、オプション「--incognito」を指定してシークレットモードで起動させるとよいでしょう(図2)。履歴のほかクッキー、フォームに入力した情報なども、終了時に削除されます。

[画像のクリックで拡大表示]
図2 「シークレットモード」で起動した画面
図2 「シークレットモード」で起動した画面
[画像のクリックで拡大表示]

 「~/snap/chromium/」フォルダーを削除すると、キャッシュをすべて削除した状態で起動できます。

[画像のクリックで拡大表示]

 テスト用途で便利な起動オプションを表1にまとめました。「--user-agent」は「User Agent」を指定するオプションです。アクセスするWebブラウザーによって処理を変えたいときや、アクセスの統計調査をテストしたいときに使用します。「--renderer-process-limit」は、開けられるタブの数を制限するオプションです。テスト用PCが低スペックなときに有効です。なお、これらのオプションはChromeでも使用できます。

表1 テスト用途に便利なオプション
表1 テスト用途に便利なオプション
[画像のクリックで拡大表示]