全1099文字
PR
Excelではセルの値を数式から参照させることで面倒な計算を一発で行い、数式をコピーして大量データも簡単に計算できる。数式を使いこなすポイントが「セル参照」だ。

 絶対参照では、「$H$1」のように、列番号にも行番号にも「$」を付け、列と行の両方を固定する。しかし、表によっては、「列だけ」「行だけ」を固定したい場合がある。そんなときには、相対参照でも絶対参照でもなく、一方のみを固定し、一方は相対参照のままにする「複合参照」という参照方式を使う。

 例えば、図7の例では、B列の「単価」と2行目の「個数」を掛け合わせる計算を表全体で行いたい。そこで、C3セルに「=B3*C2」と入力する。この数式を表全体にコピーする場合、右方向にコピーするときは「常にB列を参照」させ、下方向にコピーするときは「常に2行目を参照」させたい。そこで複合参照の出番だ。

列だけ、行だけを固定する「複合参照」
列だけ、行だけを固定する「複合参照」
図7 表の空白セルには、B列の「単価」と2行目の「個数」を掛け合わせた結果を表示させたい
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、「=B3*C2」の「B」の前と、「C」と「2」の間に「$」を入れて、「=$B3*C$2」のように入力する(図8)。「$」は手入力してもよいが、数式のセル番地を選択して[F4]キーを3回押してもよい。[F4]キーを押すごとに「$B$3」→「B$3」→「$B3」→「B3」のように参照方式が変わる。

図8 C3セルに「=$B3*C$2」と入力する。「$B3」は「B」が絶対参照、「3」は相対参照になる「複合参照」のセル番地だ。同様に「C$2」は「C」が相対参照、「2」が絶対参照になっている。下の行にコピーしても、正しく計算できる
図8 C3セルに「=$B3*C$2」と入力する。「$B3」は「B」が絶対参照、「3」は相対参照になる「複合参照」のセル番地だ。同様に「C$2」は「C」が相対参照、「2」が絶対参照になっている。下の行にコピーしても、正しく計算できる
[画像のクリックで拡大表示]