全3993文字
PR

パソコンからプログラムを送り込む

 ここからはソフトウエアの設定だ。まず「Arduino IDE」というツールをダウンロードしてパソコンにインストールする。そこからマニュアルの指示に従い、必要なライブラリーをインストールしていく。

 Bittleを動かすための「OpenCat」というソフトウエアもGitHubからダウンロードする。犬型ロボットなのになぜCatなのか不思議だったが、もともとはBittleの前身である猫型ロボット「Nybble(ニブル)」のために開発されたソフトウエアらしい。

 パソコン側の準備が終わったら、Bittleと接続する。BittleのボードにUSBドングルを装着し、付属するUSBケーブルでパソコンとつなぐ。ちなみに、このケーブルはバッテリーの充電ケーブルとしても使う。

ボードにUSBドングルを装着し、USBケーブルでパソコンと接続
ボードにUSBドングルを装着し、USBケーブルでパソコンと接続
[画像のクリックで拡大表示]

 この状態でパソコン側のArduino IDEを開くと、Bittleとの接続は「COM3」という名前のシリアルポートとして認識されていた。ここまでくれば、Arduino IDEが内蔵する「シリアルモニタ」というツールでBittleとやり取りできるようになる。

USBで接続したBittleにArduino IDEで接続する。シリアルポートは「COM3」として認識されていた
USBで接続したBittleにArduino IDEで接続する。シリアルポートは「COM3」として認識されていた
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、OpenCatの「WriteInstinct.ino」というプログラムを読み込み、メニューの「マイコンボードに書き込む」という項目を選択して、Bittleのボードに書き込む。次にシリアルモニタを開き、いくつかの質問に対して「Y」を入力する。次に「OpenCat.ino」というプログラムを読み込み、同様にBittleに転送する。これでBittleを動かす準備が整ったので、USBドングルはいったん取り外した。

 あらかじめ充電しておいたバッテリーのコネクターをボードに接続し、バッテリーを胴体の下に装着する。バッテリーのボタンを長押しすると、Bittleが起動する。起動したBittleは、付属のカード型赤外線リモコンで操作できる。