全3454文字

補正機能で外見を少し「盛る」のもアリ

 近距離から撮影された顔を先方のディスプレーいっぱいに表示するのだから、見苦しくしたくないと考える人もいるだろう。女性であればメークをする手もあるが、テレワークで自宅から出る予定がない、というなら面倒だ。そんなときにお勧めなのが外見の補正機能。

 Zoomには「設定」の「ビデオ」→「マイビデオ」に「外見を補正する」という機能がある。この機能にチェックを入れてスライダーを動かすと少し美肌にしてくれるのだ。肌が自然な感じで滑らかになるので、男性でも気兼ねなく利用できる。Zoomユーザーであれば、ぜひ活用しよう。

Zoomの「外見を補正する」機能
Zoomの「外見を補正する」機能
[画像のクリックで拡大表示]

 他のWeb会議ツールで外見を盛るなら「Snap Camera」(https://snapcamera.snapchat.com/)というツールを利用しよう。Webカメラの映像に様々なエフェクトを適用でき、さらにその映像を出力できるのが特徴。Web会議ツールのカメラ設定で「Snap Camera」を選択すればいい。

 ふざけたエフェクトが多いのだが、中には外見を盛るエフェクトも用意されている。お薦めは資生堂が無料で提供している「TeleBeauty」(https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/telebeauty/)。資生堂の商品を使ったメイクの仕上がりをSnap Cameraでチェックできるというものだ。女性向けが多いが、男性用も用意されており、もちろんWeb会議にも利用できる。

 なお、必ずPCを起動したら、Snap Cameraを起動してからWeb会議ツールを起動すること。カメラを切り替えたりすると、Web会議ツールで映像が映らなくなることもあるが、その場合はPCを再起動すればいい。

「TeleBeauty」の男性用フィルターを検索して適用する
「TeleBeauty」の男性用フィルターを検索して適用する
[画像のクリックで拡大表示]
Web会議ツールのカメラ設定で「Snap Camera」を選択する
Web会議ツールのカメラ設定で「Snap Camera」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

 以上が、Web会議時の映像クオリティーを向上させる技となる。盛りに盛ってイケている顔にする必要はないが、ビジネスマナーとして、最低限の画質にしておくことは重要だ。自分ではあまり気にしないという人も、一度チェックしてみることをお勧めする。