全845文字
PR

 日産自動車は2022年5月12日、21年度通期(21年4月1日~22年3月31日)の連結決算を発表した(図1、2)。販売台数は387万6000台と前年度比4.3%減にとどまった。だが、積極的な新車投入による付加価値向上とそれに伴う販売価格の適正化といった販売の質向上によって1台当たりの売上高を改善。さらに固定費の削減や円安(為替レートはドルが112円、ユーロが131円)の効果もあり、増収増益を果たし、黒字化を達成した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)