全2436文字
PR

 主要なアカウントの認証設定を万全にしたら、それ以外のアカウントを整理していこう。

 一度だけ買い物をしたショッピングサイトや、全く使わなくなったSNSなど、作成したことすら忘れてしまった「ゾンビアカウント」はないだろうか。定期的に使っているアカウントなら、見覚えのない変更が加えられていたり、突然アクセスできなくなったりするなどのトラブルに気付きやすい。しかし、ゾンビアカウントは乗っ取りに気付かず、情報漏洩や不正操作の被害が広がることがある。放置せず、積極的にゾンビアカウントを駆除しておこう。もちろん、忘れたままのアカウントはアクセスすることさえできない。まずは、使っていないアカウントの上手な探し方を見ていこう。

保存された情報から探す

 Webブラウザーの多くは、ログイン時に入力したアカウント情報を保存し、次回から自動入力する機能がある。アカウント情報はクラウド上に保存されるため、パソコンを買い替えてもWebブラウザーにログインして同期すれば、保存しておいたパスワードをそのまま使うことができる。同様の使い方ができるパスワード管理ソフトもある。保存してあれば、そこからゾンビアカウントの捜索を始めよう。

 Chromeの場合、設定画面から保存したパスワードを確認できる(図1)。サイト名、ユーザー名(ID)、パスワードがリストアップされるので、ゾンビアカウントを探す(図2)。使う可能性のないアカウントがあれば、Webサイトにアクセスしてアカウントを削除。再度この画面に戻ってWebブラウザーに保存したアカウント情報も削除する。

Webブラウザーに保存したアカウント情報からたどる
Webブラウザーに保存したアカウント情報からたどる
図1 Chromeに保存したパスワードを確認するには、設定画面の「自動入力」で「パスワード」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Googleアカウントに登録されたパスワードが一覧表示される。目の形のアイコンをクリックしてパスワードを確認したり、ファイルにエクスポートしたりできる
図2 Googleアカウントに登録されたパスワードが一覧表示される。目の形のアイコンをクリックしてパスワードを確認したり、ファイルにエクスポートしたりできる
[画像のクリックで拡大表示]

 アカウントを登録すると送られてくる登録完了のメールも、ゾンビアカウントを探す手掛かりになる(図3)。「登録完了」などの件名でメールを検索すれば見つかるだろう。

忘れているアカウントをあぶり出す
忘れているアカウントをあぶり出す
図3 アカウントを登録すると、メールが届くことが多い。以前使っていた機器やサービスのユーザー登録など、忘れているアカウントは多いものだ
[画像のクリックで拡大表示]