全1185文字
PR

iPadは手書きノートと録音が1台でできるので、会議の記録に重宝する。会議の録音やオンライン会議の録画を活用する方法を紹介しよう。

 文字起こし機能が搭載されているオンライン会議システムも増えているが、モバイル版には提供されない場合がほとんど。ここでは「Vrew」という無料のアプリを紹介しよう。Vrewは動画に字幕を付けてくれるサービスだが、字幕をテキストとして書き出せるため、文字起こしツールとしても応用可能だ。

 VrewはiPadの「写真ライブラリー」内にある動画データにアクセスする。Safariでダウンロードしたオンライン会議のデータのように(前回の図7参照)、異なる場所に格納されている場合は、事前準備として写真ライブラリーに保存し直す必要がある(図9)。

iPadだけで「文字起こし」もできる
iPadだけで「文字起こし」もできる
図9 「Safari」でダウンロードした動画は「ダウンロード」フォルダーに保存されている。「ビデオを保存」で「写真」ライブラリーに保存し直す
[画像のクリックで拡大表示]

 これによって、Vrewアプリを起動して表示を「動画」に切り替えると、文字起こししたい動画が一覧に表示されるはずだ(図10)。次に動画を選択して「言語の選択」ダイアログで「日本語」を選択すると、字幕が作成される。この段階で誤変換や不自然に変換された部分を修正してもよいだろう。もちろん、書き出し後にテキストエディターなどで修正することもできるが、画面を見ながら修正する方が状況が分かりやすく、楽に進められる場合が多い。

図10 「Vrew」は動画に字幕を付けてくれる無料のアプリ。字幕はテキストとして書き出すと「文字起こし」として活用できる
図10 「Vrew」は動画に字幕を付けてくれる無料のアプリ。字幕はテキストとして書き出すと「文字起こし」として活用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 字幕の作成は約1時間の動画の場合でも数分程度と、実時間よりもはるかに短い時間で完了する。この点も特筆したい。