全1801文字
PR

 iPadで文書を作成したいと思って始めても、パソコンとの使い勝手の違いになじめず挫折してしまう場合が少なくない。今回はiPadで文書を作成するコツや、パソコンと連携して文書を作成する際に知っておくと便利なノウハウを紹介しよう。

iPadの文書作成アプリは?

 文書作成アプリと言われて真っ先に思い浮かぶのは、マイクロソフトのオフィススイートとして知られる「Word」「Excel」「PowerPoint」などの「Office」アプリだろう(図1)。パソコン用のビジネス文書作成アプリでは事実上の標準だ。OfficeはマイクロソフトからiPad、iPhone用もリリースされており、パソコン版との文書の互換性は高い。

iPadはビジネス文書の作成に使える?
iPadはビジネス文書の作成に使える?
図1 ビジネスの現場で広く使われる「Office」のほか、iPadにはアップル製の「iWork」と称されるオフィススイートが用意されている。iWorkにおける各アプリは、Officeの主要3アプリと上記のように対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 このほかに、iPadで文書を作成する際に忘れてはならないのが、アップル自身が自社製端末向けに無料で提供している「Pages」「Numbers」「Keynote」だ。3つ合わせて「iWork」と呼ぶ場合もある。アプリごとの用途がOfficeアプリとほぼ共通しており、PagesとWord、NumbersとExcel、KeynoteとPowerPointといった形でそれぞれ対応している。

 iWorkにはMac版も存在し、iPad版との文書の互換性は非常に高い。両者で文書ファイルをやり取りして完成させることも可能だ。しかし、パソコンユーザーの多くはWindowsでOfficeを使っているだろう。iPad版iWorkはOfficeの文書ファイルを直接読み込んで編集可能で、ある程度の互換性もある。

 とはいえ、iPadでOffice文書に編集を加えるのであれば、パソコン版との互換性が高いiPad版Officeをお薦めする(図2)。パソコンにOfficeをインストールすると追加されるフォントにも対応し、iPadにないフォントは自動でダウンロードして表示される。そのため、フォントによる表示の違いやずれはほぼない。

パソコンとの互換性を重視する場合は、iPadでもOfficeがお薦め
パソコンとの互換性を重視する場合は、iPadでもOfficeがお薦め
図2 パソコン版Officeとの互換性の高さは、iPad用に提供されているOfficeアプリが優秀。パソコンとiPadで「共同制作」する際にも安心して利用できる。iWorkでOfficeファイルを開くと、iPadにないフォントは代替フォントに置き換えられ再現性はやや落ちる
[画像のクリックで拡大表示]