全1901文字
PR

 iWorkには「無料で全ての機能が使える」という大きな魅力がある。iPadのユーザーインタフェースへの対応や新機能をいち早く取り入れてユーザーに使いやすい環境が提供される点も純正ならでは。

 しかし、Officeを使い慣れたユーザーがiWorkを使うと違和感があるのは確かだ。この違和感は、各アプリにおける基本的な設計思想の違いが大きい。例えば、Pagesを「ワープロ」アプリと紹介したが、使い勝手で言えば「Adobe InDesign」に代表される「文書レイアウト」アプリに近い部分が多い(図6)。

iWorkを使うなら知っておきたい特徴
iWorkを使うなら知っておきたい特徴
図6 Pagesは一般的なワープロアプリとして使えるほかにレイアウト機能が充実。複数ページのビジネス文書を見栄え良く作成する際に威力を発揮する
[画像のクリックで拡大表示]

 Numbersで最も基本のテンプレートを選んで新規書類を作成すると、ページの左上に小さな表が1つだけ表示される。表の右や下は罫線もなく真っ白だ。膨大な数のセルで画面が埋め尽くされるExcelとはかなり趣が異なる。Numbersでは初めに表示された表の行や列を必要な分だけ追加したり、空白部分には別の表やグラフなどの要素を追加するといった流れで書類を作成していく(図7)。

図7 Numbersでは罫線のない白紙ページに表やグラフなどの複数の要素を配置して書類を作成していくのが基本となる。マクロはサポートされていない
図7 Numbersでは罫線のない白紙ページに表やグラフなどの複数の要素を配置して書類を作成していくのが基本となる。マクロはサポートされていない
[画像のクリックで拡大表示]

 Keynoteは、PowerPointとはひと味違うエフェクトやアニメーション、シンプルなデザインのテンプレートに特徴がある(図8)。

図8 Keynoteはほかのプレゼンテーションアプリとはひと味違うテンプレート、エフェクト、アニメーションで目を引くスライドを作成可能だ
図8 Keynoteはほかのプレゼンテーションアプリとはひと味違うテンプレート、エフェクト、アニメーションで目を引くスライドを作成可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 iPadでは画面を指で操作したり、対応するマウスやトラックパッド(タッチパッド)で操作したりするが、パソコンほど正確に動かすことは難しい。これは、各アプリに用意される「ガイド」機能で解決するとよいだろう(図9)。

「ガイド」機能は全てオンにすべし
「ガイド」機能は全てオンにすべし
図9 iPadのiWorkアプリで文書を作成する際は、全てのガイドをオンに。ラフな操作でも精度の高い書類を楽に作成できる。ほかの2つのアプリも同様だ
[画像のクリックで拡大表示]