全3519文字
PR

 岡山県倉敷市にある三菱自動車の水島製作所において、日産自動車と三菱自が同年夏に発売する軽自動車タイプの新型電気自動車(EV)の生産が始まった。2022年5月20日に同製作所で開いたオフライン式(量産開始式典)で、日産社長兼最高経営責任者(CEO)の内田誠氏は、「今回の新型軽EVは、これまでの軽自動車の概念を覆す。日本におけるEVのゲームチェンジャーになる」と宣言した。

 三菱自・社長兼CEOの加藤隆雄氏も同式典で、「(今回の新型軽EVは)将来に購入を検討するクルマではなく、いま安心して選んでもらえる選択肢の1つと考えている」と強調した(図1)。こうした両社長の自信の背景には、今回の新型軽EV(以下、新型車)が、ガソリン車と同水準の「手に届く価格」を実現したことがある。

新型軽EVのラインオフ式
図1 新型軽EVのオフライン式
日産と三菱自のトップが出席し、新型車への期待を示した。左が日産の内田誠氏、右は三菱自の加藤隆雄氏。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

混流生産で製造コストを抑える

 今回の新型車は日産が「サクラ」、三菱自が「eKクロスEV」の車名で販売する。国の補助金を活用すると、両車ともに100万円台後半の価格から購入できる。年間の販売台数は日産のサクラが約5万台、三菱自のeKクロスEVは約1万台であり、両社は強気の計画を立てている。

 価格引き下げに寄与したのが、設計・開発面と製造面のコスト抑制対策である。設計・開発面では、軽ガソリン車のプラットフォーム(PF)を適用したほか、両社の現行の電動車両と基幹部品やリチウムイオン電池を共有したことなどが寄与した。

 製造面ではコスト増加をできるだけ抑えるために、水島製作所にEV専用ラインを設けず、現行の軽自動車専用ラインでガソリン車と新型車を混流生産している。同製作所ではこれまでも、日産と三菱自の軽ガソリン車を混流生産してきた注1)。今回、ここに新型車2車種の生産を加えた。

注1)水島製作所の軽自動車専用ラインで混流生産する日産の車種は「デイズ」「ルークス」、三菱自の車種は「eKワゴン」「eKスペース」「eKクロス」「eKクロス スペース」である。いずれも同じ軽自動車用PFを適用している。