全763文字
PR

 フランスValeo(ヴァレオ)は「人とくるまのテクノロジー展2022」(2022年5月25~27日、パシフィコ横浜)において、モーターやインバーター、減速機を含む駆動システム「ヴァレオ48V eAccess」(以下eAccess)を公開した。主に街乗りで使用される超小型の電気自動車(EV)への適用を想定している。

ヴァレオ48V eAccess
ヴァレオ48V eAccess
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 eAccessの特徴は、48VのBSG(ベルト駆動式スターター兼発電機)をベースにしたことだ。マイルドハイブリッド車(簡易HEV)向けにすでに量産中のモーターを活用することで、コストを低く抑えた。48V駆動と低電圧のため、「高電圧が故の安全対策にコストと質量をかける必要もない」(ヴァレオジャパン執行役員の武内稔氏)という。

 最高出力は13.5kWで、基本的には欧州における超小型モビリティー規格の「L6/L7」クラスの小型EVへの搭載を想定している。eAccessを搭載した試作車「48Vライトeシティーカー」は最高速度100km/h、航続距離100kmを可能としている。

48Vライトeシティーカー
48Vライトeシティーカー
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 欧州では、シティーコミューターとして主に都市部で使われるが、日本では「社会課題になりつつある地方の買い物困難地域においても役立つ」(同氏)という。地方では公共交通手段の数が少ないことに加え、年々ガソリンスタンドの数も減っているためガソリン車だと給油するために遠くまで走らないといけない。家庭で充電できる小型EVが普及すれば徒歩圏外の店舗にも足を運びやすくなると同社は考える。

 欧州では、欧州Stellantis(ステランティス)のCitroen(シトロエン)「Ami」への搭載が始まっている。ヴァレオは、48Vシステムについて「パワートレーン全体の主流にはならないものの、30年まで年平均22%と着実に成長する」(同氏)と予測する。