通信インフラを複数の事業者間でシェア(共有)する「インフラシェアリング」が広がりつつある。携帯大手各社が前向きに取り組み始め、シェアリング専門の事業者も登場している。ただ「Society 5.0」の実現に向けて5G(第5世代移動通信システム)/Beyond 5Gの早期整備を目指すのであれば、もう一段踏み込んだ取り組みが求められる。インフラシェアリングの最新動向と今後の課題を見ていく。