全849文字

 「スーパーや家電量販店、大手食品メーカーなどから材料転換の問い合わせが増えている」。樹脂成形メーカーのRP東プラ(大阪府吹田市)はこう語る。彼らの視線の先にあるのは、植物由来ポリエチレンテレフタレート(PET)シート(バイオPETシート)「A-PETシート」。消費者の環境意識の高まりを受けて、食品容器や卵パック、部品トレー、蓋、乾電池のパッケージなどの包装資材を、現行の100%石油由来PETシート(石油由来PETシート)からバイオPETシートに切り替えられないかという相談が相次いでいるというのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!