全965文字
PR

 「ビジョンとしてバイオに振り切っている」──。DICが樹脂のバイオシフトを急いでいる。同社は2022年2月18日に、同年から2030年までの長期経営計画「DIC Vision 2030」を発表。2025年に「サステナブル(持続可能な)製品」の売り上げを50%に、2030年には60%まで引き上げる目標を打ち出した。樹脂のバイオ化はこの方針に沿ったものだ。

図1 藻類由来のポリオール(一番右)
図1 藻類由来のポリオール(一番右)
微細藻類(左)から抽出したオイルから造る。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 中でも、同社が力を入れるものの1つに、藻類由来のポリオール「Checkerspot Polyol 002」がある。微細藻類から抽出したオイルから造るポリオールで、ウレタンフォームや熱硬化性ポリウレタン(PU)などの原料となる(図1)。バイオマス度が90%と高い。バイオ系ベンチャー企業である米Checkerspot(チェッカースポット)とDICの共同開発だ。

 既に量産可能な段階にあり、DICは応用分野を探している。サンプルとして、スマートフォンのケースやキャスターのタイヤ、バックカントリー用スキー板の外皮などを射出成形で作った製品を展示した(図2。現在は、研究開発用に20万~30万円/kgの値付けで提供しているが、量産化すれば、現行の石油由来の樹脂と「それほど変わらない価格を検討する」(DIC)という。

図2 藻類由来のポリオールから造ったPUの成形品
図2 藻類由来のポリオールから造ったPUの成形品
中央がスマホケース、右の2つがキャスターのタイヤ、奥がバックカントリー用スキー板。これらは(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
* ただし、今回展示したサンプルはCheckerspotがDICに提供したもの。