全965文字
PR

塗料用の樹脂もバイオ化

 DICは、塗料に使うバイオマスアクリル樹脂「アクリディックAU-7015-BIO」も開発した()。無色透明の樹脂で、顔料や添加剤を加えて塗料に仕上げる。自動車や家電製品などへの塗料に向く。植物由来の原料と石油由来の原料を組み合わせたもので、バイオマス度は26%。ただし、原料は明かしていない。将来的に顔料や添加剤にバイオマス原料を使用すれば、さらにバイオマス度が上がる。

表 塗料用バイオマスアクリル樹脂の物性
表 塗料用バイオマスアクリル樹脂の物性
(出所:DICの資料を基に日経クロステックが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)やポリカーボネート(PC)への付着性が高く、アルコールや日焼け止めクリームへの耐性に優れている。そのため、例えば自動車の内装に使った場合、車内をアルコールで拭いても、日焼け止めクリームが付いても傷みにくい。そのため、例えば自動車部品では、インスツルメントパネルのセンターコンソールや、ドアトリムの操作スイッチ部分の塗料用途に適する。