植物を中心にバイオマス原料を使ったプラスチック(樹脂)の実用化が加速している。カーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)宣言が実行モードに入り、材料や部品の段階から二酸化炭素を削減しようとする狙いがこの背景にはある。樹脂の「バイオシフト」の最前線を追う。